カンティーナ見学 CA' DEL BOSCO

昨日は、春らしく澄んだ青空のとても良い天気の一日でした。

2週間ほど前に雪が降り、
冬に逆戻りしたMilaneseの装いも春らしくなってきて、
見ているこちらが楽しくなります!

もちろん、日本の雑誌で見かけるような素敵なMilaneseは
ほんの一握りですけどね(笑)

そんな良い天気のなか、以前夫の働いていたレストランの人に
カンティーナ見学に連れて行ってもらいました。
夫がそのお店で働いていた時に、何度も見学に行っては
美味しいワインを飲んだ話を聞いていたので、私も行ってみたいと思いお願いしました。

MilanoからBresciaに向かう途中にある町でRovatoと言うところ
イタリアの中でFranciacortaと言って、スプマンテが有名な地域です。

スプマンテとはスパークリングワインの事で、日本だとフランスのシャンパンが
有名ですが、イタリアのスプマンテもかなり美味しいと思います。
その中でも、Franciacortaのものは辛口で和食にもとても合う物です。

夫が、田舎町Rovatoに住み働かなければ、こんなに美味しいものに気づかずに
イタリア生活を送っていたかもしれない!と思うと、
色々なことに感謝をどうしてもしてしまいます。
c0154064_213405.jpg

昨日訪れたのは CA' DEL BOCSCOというカンティーナ
ワインの評価本でもいつも高い評価を受けています♪
車で行ったのですが、オフィスと工場のあるところに行くまで
ずっと広大なワインのブドウ畑
c0154064_21344617.jpg

こちらに写っているスキンヘッドの人がIVOさんで役職が何かはわかりませんが
偉い人のようです!
中を一通り歩いて、説明をしてくれました。
とにかく想像以上の大きなステンレスの樽が並んでいたり、
かなりハイテク化されていることに驚きました。
c0154064_21352555.jpg

生産量はスプマンテが多いのですが美味しい赤ワインも作っています!
先日の我が家の食卓で飲んだ「Maurizzio Zanella」もこちらの物

ちなみに、専門用語が多くてしゃべるのが早い!よって理解できたことは
少なかった気がします。
自分の知っている知識からなんとなく推測して、聞いていた感じです。
やっぱり、語学力の向上が必要だと感じました・・・。
c0154064_2139296.jpg
最後に、全面がガラス張りで
ワイン畑を見渡しながら、
革張りの素敵なソファーのある部屋で→

CA' DEL BOCSCOのワインを頂きました!
c0154064_21393478.jpg


IVOさんが鍵の着いている冷蔵庫から好きな物を飲ませてくれました。
私を含めて4人で見学に行ったのですが、
3本も開けて飲ませてくれました!試飲じゃないですね(笑)
しかも、2000年のものや高めの「Cuvee Annamaria Clementi」まで

一般の人も見学は可能な用でした。
私たち以外にカップルが一組見学に来ていました。
でも、最後に飲めるワインが違っていました!!!

言葉がわからず、説明の理解はお粗末なものですが・・・
いつも美味しいと思っていた(私の中ではイタリアでNo.1)ワインが
多くの人の手により、時間と手間をかけ大切に作られている事、
これだけ大きなカンティーナとして良い品質の物を出荷し続ける事への
努力のような物を感じました。

夫も私もイタリアのFranciacortaのワインに敬意を表しています。

もし、イタリアにいらっしゃるときはレストランだと高いかもしれませんが
味わっていただきたい1品です。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-03-18 21:44 | 日々のことin Italia
<< Chiffon Cake di... 苺大福でTea Time >>