Osteria Francescana @Modena

Cucina Nuova?Nuova Cucina?・・・新しい料理

従来のイタリア料理とは違う、新しい発想、手法を取り入れているレストランとして、
紹介していただいたOsteria Francescanaというお店へ
今週の月曜日に行ってきました。
ちなみにミシェランの2つ星だそうです。

ミラノからインターシティーという電車に乗って2時間くらいで到着する、
バルサミコで有名なモデナにあります。
c0154064_142431.jpg

お店の内装などもモダンな感じで、オシャレ!
そう、先月訪れた三つ星のDal Pescatoreのような歴史や貫禄は感じません。

内装にも違いが・・・お料理は?
私たちは、Menu Degustazioneを頼むことにしました。

初めに手作りのパンとお勧めのオリーブオイルを出してくれて
パンにオイルをつけて食べました。
パンもオイルも美味しかったです。

お通し
c0154064_227375.jpg

こちらはパニーノを分解した形のお皿
パン+モルタデッラ(ソーセージの一種)をムース状にしたもの
+ピスタチオ+ニンニクソース
c0154064_228926.jpg

フォアグラのアイスキャンディー仕立て?とでも言うのかな。
フォアグラの中には、熟成されたバルサミコが入っていて、
周りはアーモンドでコーティング
c0154064_2284392.jpg

黒トリフのスライスが上に乗っていて、
下には大量のネギを炒めて甘みを出した物にチーズなどを加えたものが

こちらのネギから出ている甘みがとても美味しく感じました。
私たちには、美味しいけど量が多い!
せっかくの美味しさも、多すぎては記憶から消えそう・・・
お肉やお魚などの上に少し乗せて出したらいいね~。
(・・・と、こちらは夫が、最近、試行錯誤していたネギソースに似ていた上に
こちらの方が美味しいので、良いヒントになったみたいです!)

私たちの食べたかったお皿
c0154064_2293120.jpg

Cinque Stagionatura di Parmigiano reggiano
Cinque consistenza e temperatura

5種類の違った熟成期間のパルミッジャーノチーズを使って
固さも温度も5種類とも違う

これは、面白い!!!楽しませてくれて、美味しいお皿でした。

同じパルミッジャーノとは思えない、違った味わいです。
c0154064_2301137.jpg

一番下がフォアグラ
その間に生ハムをカリカリに焼いた物
一番上は豆のペースト
チーズの泡
c0154064_2305093.jpg

ラビオリとレンズ豆のペーストソース
c0154064_2312843.jpg

Bollito misto・・・Non bollitoという名前のお皿
違う部位のお肉が時計回りに並べてあり
赤ピーマンのソースとパセリの泡ソース

マグロの赤身、トロ、中トロ、、、とかそういう発想かな?
赤ピーマンのソースが甘くて、美味しかったです。
c0154064_2322669.jpg

パイナップルジュースにハーブ類の泡
本当に泡泡泡!とどのお皿にも泡が!!!

Dolceは、、、
私の苦手なZuppa ingleseの分解編???
c0154064_2331733.jpg

ゼリーをはがすと↓
c0154064_2335929.jpg

私はバニラアイスとブラックチェリーソース
c0154064_234519.jpg


一番の楽しみがDolceの私としては、、、ちょっと残念でした007.gif

この土地柄でしょうけど、チーズやバター、フォアグラ、、、
私たちには、全てのお皿が重たかった。

ちなみに、私たちの頼んだMenu Degustazioneは一人130Euro です。
普通のイタリア人がこの値段で、このサイコロのようなお肉が6個で満足するのかな?
私たちはお肉以外でお腹がいっぱい(笑)

新しい料理・・・何となく感じたかな?!

美味しいの基準は人それぞれ。。。

食後は、ワールドカップの日本VSカメルーン戦が見られるBarを探してみたけど
SKYの見られるBarってそう簡単に見つからないんですね!
結局、見つからず・・・夜のイタリアVS北朝鮮の試合のためにモデナを出発!!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-17 02:47 | Ristorante
<< 何もしない日曜日 バスで片道1時間かけても食べたい >>