グラーツ旅行 その3 初☆オーストリア食

グラーツに到着した日の夜は
Keikoのお知り合いの大学の教授先生ご夫婦が
オーストリア料理のレストランへ連れて行ってくれました♪

オーストリアは、ドイツ語
でも、イタリア人と違ってほとんどの人が英語を話せます。

ただ、私の英語力が・・・007.gif

どのようにコミュニケーション取ればいいのかな?
ジェスチャーと英単語を並べて、どうにかなるかな?

と考えていたら、なんとなんと!!!
教授先生は、イタリア語もしゃべることができたのです!!!
あ~良かった(^0^)

まず、レストランに行った時間が18時
オーストリアの人たちの食事時間は、日本に近いのかな?!と思ったことを
今でも覚えています。
18時の時点で、既にレストランにはお客さんがいました。

イタリアのレストランとは、営業時間も違う!

オーストリアらしい物が食べたい!とい私たちにお勧めしてくれたお料理
c0154064_18171396.jpg

「南瓜のスープ」
イタリアでは食べたことのない、南瓜のスープ
南瓜好きの私には嬉しかったです。
日本の南瓜のような「甘み」は濃くないですが、ほんのり甘い。
胡椒がきいていて、スパイシーな感じもあります。

上にかかっている、黒い液体は「パンプキンシードオイル」

初めて味わう「パンプキンシードオイル」はとても香ばしいオイル。
オリーブオイルとは、全然違うオイルです!!!

c0154064_18241478.jpg

パンも焼きたて!!!
イタリアだとテーブルに出されるパンは、冷たい!乾いている!美味しくない!
事が多いので、温かい!美味しい!パンに感動><

メインのお料理は、それぞれ違う物をセレクトして、交換して味わいました。
c0154064_18274322.jpg

こちらは、牛・豚など肉はMixで煮込み料理
かなりしっかりとボリュームがあります。
付け合わせが、洋風すいとん?!とでも言うのでしょうか(笑)
小麦粉と水を合わせたものをお湯の中に落として、茹で
それをバターで炒めたパスタです。
c0154064_18305771.jpg

こちらは豚肉
c0154064_18314562.jpg

こちらはラム肉
付け合わせは、ポレンタ!この国でも食べるんだ~。

とにかく一皿のポーションが大きい!!!

お肉にソースがかかっていることが、イタリアと違うところ

地元の人が賑わうレストランに連れて行ってもらえたから
第一日目にして美味しいグラーツ料理に出会えた事は間違いなしです。

教授先生ご夫妻のおかげです。有り難うございます。Danke schon!!!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-23 18:42 | viaggio(旅行)
<< 旅行記の途中ですが・・・ グラーツ旅行 その2 驚きのホテル >>