夕去りの茶事

まだ、日本に出発する前のこと

私の滞在日程と都合に合わせて「夕去りの茶事」という
夕方からのお茶事をしてくださるとメールでご連絡を頂きました。

もちろん「夕去りの茶事」って何だろう???と
ネットで調べてしまいました(笑)
たった一年半の茶道歴では、知らないことだらけです。

先生の「お気軽に♪」というお言葉に甘えさせていただき、
格好も洋服で・・・

夕方5時くらいに席入りをして、夕方から夜になるひとときを楽しみお茶事
本来はロウソクの明かりをともして、お点前などもするそうです。
今回は、ロウソクではないですが電気の小さいランプで・・・

明るい蛍光灯になれていると、何だか幻想的で日常とは違う感覚で
心を落ち着かせることができました。
作法は、すっかり忘れてしまっていて、、、恥ずかしい008.gif
c0154064_354647.jpg

でも、ほんのひと時でもお茶の世界に身をおけたことは
私にはとても嬉しいことでした。
c0154064_347416.jpg

この日は、朝から汗が止まらぬ暑さでした。
夕方の5時でも十分暑くて、ハンカチで汗を拭きながら先生のお宅に伺い

この掛け軸を見ました。

滝が勢いよく流れている所を想像でき、涼しさを感じました。
こんな風に涼しさを書から感じられる経験、なかなか無いと思います。

お菓子からも涼しさを・・・
c0154064_3563915.jpg


目で色々なことを感じ、愛でること
日本だけではないと思うけれど・・・これだけ繊細なのは日本独特だと思います。
そして、季節を感じることを楽しむの日本人の繊細さ良いところだと
改めて感じました。

こんな風に、帰国のたびに「来なさい!来なさい!」と優しい歓迎をしてもらえ
本当に幸せだな053.gifと感謝でいっぱいです。

そして、数十年とお茶を続けていて、超ベテランのお弟子さんですが
商社にお勤めでミラノに何年か駐在していた方などもいて
(人生の大先輩方です!)おしゃべりがとても楽しく過ごせました。

本当に皆さんに感謝のひとときでした。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-09-03 04:07 | Cerimonia del te(茶道)
<< 魚と温泉 最後はお酒を飲みながら♪ >>