祇園 川上 @京都

かなりハードスケジュールな今回の一時帰国・・・

続いては3泊4日で京都旅行へ
こちらも大きな目的は「食」です001.gif

朝6時くらいに浜松を出発して、10時過ぎには京都に到着!
なかなか順調なドライブでした。
しかも、土曜日に行ったので高速料金は1000円065.gif

まずは、今回で3回目となる「祇園 川上」

こちらのお店を知ったのもテレビだったと思います。
80歳を超えても現役の料理人という松井新七さんが
蝶ネクタイをしてお客様を日々迎えているのが印象的でした。

たまたま、夫(そのころは婚約者でした^^)と京都に旅行に行くことになたので
それでは行ってみようと足を運んだのが一回目のこと。

それ以来、京都に行くときはいつも足を運んでします。

今回は、初めてお昼に伺いました!
そして、松井さんが現役を引退されてから初めての訪問です。
c0154064_32040.jpg

こちらが一皿目
このお皿の全てのお料理が本当に美味しくて・・・
もう、この時点で「来て良かったね!」と言ってしまいました。
冬瓜は、お出汁の味がとても良く上品に仕上がっていました。

たこの柔らか煮もにこにこ笑顔になるお味^^

一品一品を大事に頂きました。
c0154064_351478.jpg

良い小烏賊が手に入ったからと・・・出していただいた一品
シンプルに茹でただけの烏賊を生姜で頂きました。
柔らかくて、甘みがありました。
c0154064_37128.jpg

お造りは、大トロ、鱧、イナダ(←多分^^)

昼は、明石の鯛は出なかった・・・泣
いつも明石の鯛のお刺身がすごくすご~く美味しくて、感動していたので
ちょっと残念です。
値段が違うから・・・仕方ないですね。
c0154064_311112.jpg

椀物は、鯛の白味噌仕立て
白味噌が余り好きでない夫が大絶賛!
白味噌好きの私も大絶賛!
体に染み渡る美味しさに感動。
c0154064_3113722.jpg

湯葉の卵とじ
c0154064_312726.jpg

鮎の塩焼き
炭火でこんがりと焼かれていました。
c0154064_3125279.jpg

茄子と鱧の揚げ浸し
c0154064_3132941.jpg

生海苔を練り込んだおそうめん 雲丹のせ
こちらも出汁がとても美味しかったです
c0154064_5533192.jpg

コーンご飯・お新香・おみそ汁
c0154064_31492.jpg

デザート・抹茶

これでお昼の懐石5千円です。
食べている途中で、本当に5千円のコースか心配になるほどの美味しさ!
こそこそと・・・
夫「本当に5千円?」
私「間違えて高いコースにしちゃったのかな?」と・・・笑

でも、こんなに美味しくってきちんと一人5千円でした。

やっぱりよい昆布と鰹で取った出汁は最高に美味しいですね。
素材選び、手をかけた下ごしらえ、、、全てのことをきちんとしているからこそ
いつも美味しいお料理がいただけるのです。

松井さんは引退されましたが、味はしっかりと受け継がれているんだ!
と感じました。
若い人たちで新しい風も吹きそうな予感043.gif

カウンターで隣になったお客さんも「川上さんは、料理に心があるから!」と
おっしゃっていましたが、本当にそうだと私も思いました。

私たちがイタリアに住んでいることなども、覚えていてくれる心遣い^^
凄く嬉しいです。

そして、翌日から改装工事ということで壁に飾ってあった舞妓さんや芸子さんの
名前の書いてある団扇をいただきました。

そして、、、

「先日、小澤征爾さんがいらしたときに書いてもらったサイン入り団扇があるから・・・
世界の小澤征爾さんなのでイタリアで飾ってください!」

とサイン入りの団扇を頂いてしまいました!!!
有り難うございました。


また、帰国したときに伺います!と言ってお店を後に・・・

川上さんの帰り道は、いつも背筋がピンとして!
頑張らないと!と思います。

頂いた団扇を飾れるように・・・056.gif
[PR]
by nnoriko513 | 2010-09-15 03:14 | 日本でのこと
<< 念願のかき氷! 続 三鞍の山荘  >>