イタリアの国民健康保険

日本人医師の所に行った後すぐに国民健康保険の手続きをしました。

ASL(Azienda Sanitaria Locale)というところで国民健康保険の加入手続きを
して、Tessera Sanitariaというカードをもらうために必要な書類

・パスポート
・滞在許可証
・Carta d'identita(住民登録 Residenza)
・Dichiarazione del datore del lavoro(納税証明)
・Codice Fiscale(税務番号)

これらの書類を持って最寄りのASLに行きました。
夫も期限が切れていたので一緒に更新手続きに行きました。

私たちは並ぶこともなく、とても親切な人が対応してくれました。
まずは夫の更新手続きをして、その後、私の手続きだったので
スムーズでした。

書類を提出して(私たちは全てコピーを取って行ったのでそれを提出)
受付の人がパソコンに登録をして、最後にホームドクターを誰にするか
聞かれました。
誰が良いかと聞かれても・・・分からない。と答えると
壁にお医者さんのリストが貼ってあるからそこから選ぶようにと言われました。
A1の紙いっぱいに書いてあるお医者さんの名前・・・
困り果てた私たちは、とにかく家に近いところのお医者さんを適当に選びました(笑)

ただ、私の場合滞在許可証をまだ受け取ることができていなかったので
「控え」での手続きの場合、6ヶ月の期限付きとのことでした。
滞在許可証を受け取り次第、夫と同じように長い期限のカードを発行してくれる
そうです。
夫は、Tessera Sanitariaというオレンジのカードが数週間後に自宅に
届きましたが、私はASLで発行してもらった「紙切れ」を病院に行くときは
持って行っています。特別問題ないです。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-02-21 19:51 | 妊娠・出産
<< イタリアのSushiレストラン... 初めての病院 >>