マグロ日記 2011年3月24日

マグロ 28kg セラフィーノ

c0154064_453222.jpg

鮮度はそこそこ良く、捕獲後4,5日くらいだと思われるが若干生臭い。
内蔵は少し臭く、トロの部分も臭い。
暖かくなってきたので、冬場には無かったけれど捌いていると
手がとても臭くなる。
c0154064_4572253.jpg

尻尾の近くの中骨が骨折していた。
頭の近くの背身が結構出血していたが全体の血の量は少なかった。
c0154064_459176.jpg

一ヶ月前の物と比べると驚くほど脂が少なく、味も薄い(というかない)。
まるで赤いこんにゃくのよう!!!

そして、2日後の土曜日にもこのマグロと同じ日に捕れたマグロを仕入れたが
(つまり捕られてから約一週間くらいたったことになる。)
内臓に接しているお腹の身(トロ)が傷みにより少し溶けていた。
2日の差でかなり臭みが強くなっていて、赤身の赤さもややくすんでいた。
また、内臓に近い部分の赤身はやけたような感じになっていました。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-03-31 05:05 | マグロ日記
<< ミラノの春 初☆マクロビ・日本食料理教室☆ >>