イタリア的☆タイルの修理

我が家の台所の壁のタイル
前から(住み始めたときから)グラグラしているな~
いつか落ちてくるのでは?と心配していたら
とうとう落下して壊れました。

その周りのタイルもグラグラしていてちょっと触ると
綺麗にはずれるのです!

結局、10枚以上のタイルが簡単にはずれてしまい・・・
これは手抜き工事が原因?それとも寿命??

とにかく古くて、メンテナンスが余りされていない我が家><
先日もTapparella(日よけ)が壊れました。

大家さんに電話をして、Muratore(左官屋さん)を呼び
今日、修理をしてもらうことに・・・
午前中、大家さんと左官屋のちょっと偉い人が見に来て
どのように修理するかを話し合い、取りあえず部分的に修理をすることに決定。

3時にまた来るから・・・と言い残し退散。

3時になってももちろん誰も来ない。
これは当たり前(笑)
私もイタリアに慣れたものです!!!

5時になっても来ない!(もう少し待ってみよう)

もうすぐ6時・・・さすがに大家さんに電話をして
「まだ、来ないんですけど!」というと
典型的なイタリア人女性のようで(汗)自分は決して悪くないけど
3時に来るって言ったのにおかしいわ!!!と
とにかく自分は悪くないと言い続けていました。
で、一通り自分の肯定発言が終わって、やっと左官屋に電話をしてみると
言ってくれて、やれやれ042.gif

そして左官屋さんは「後5分でつく!」と言っているからと
折り返し電話をもらい、待つこと5分・・・当たり前だけど
5分で来るわけがない(笑)

でも、イタリア人感覚の5分はきっと15分か20分なのだろうと
最近は思っているので、待つこと15分くらいかな?!
や~っと来てくれました。

「前の現場が長引いたから・・・」ともちろん言い訳をしてから作業開始!

イタリア式工事の常識
床が汚れるとか、他の家具が汚れるとかという気遣いはゼロ!
セメントもどんどん床に落ちていて
掃除が大変そう><と気が重くなる感じです。

そして、我が家の台所のタイルには模様があって
c0154064_5395392.jpg

このような模様が連続しているのですが

工事終了後のタイルは下のような感じに
c0154064_5411212.jpg
c0154064_5413289.jpg

どうして?おかしいと思わないのだろうか?と
本当に見ていて疑問でした。
そして、作業途中に1人の人が模様が合っているかな?
と仲間に聞くと「ばっちりだ!」と自信満々に答えていてビックリ!

タイルを貼る前に模様がどうなっているのかな?とか
「計画性」というものがないんだろうか?

作業が終わっても決して彼らは模様がおかしいことには気づかずに帰って行きました。

ま、私の家ではないので良いのですが、日本だったらあり得ないと思いました。
大家さんもそのうち台所を新しくするので、どうでも良いみたいですし。

それにしても、今日は典型的なイタリア人をいっぱい見て
面白かったけど、とても疲れました。。。
何もしないで、ただ見ていただけなのに体が重たい感じは何なのでしょう?!

とにかく、随分とイタリアにも慣れたな~と思う1日でした。

さらに、帰宅後の夫の一言は
「イタリア人にしてはなかなか上出来の仕上がりだね!」
とのこと・・・・(笑)
[PR]
by nnoriko513 | 2011-06-03 05:50 | 日々のことin Italia
<< 管理人さんの送別会 晴天のBergamoにて3回目... >>