イタリアの郵便事情

イタリアに暮らしていて、電車の遅れなどには慣れてきて
イライラすることは滅多になくなったのですが

滞在許可証などの手続きなどで訪れるお役所(警察、市役所など)と
イタリアの郵便局というか郵便事情にだけは
未だに慣れることはなく、、、必ずイライラさせられるし
体力の消費と精神的苦痛をいつも感じます><

日本の宅急便のようなシステムがこの国に導入される日は
きっと100年後くらい???と思ってしまうほど
いつも荷物には悩まされています007.gif

ちょっと前の出来事ですが
夫の実家から赤ちゃんグッズを送ってもらった時のこと
以前から荷物の中身の金額は2000円以下で書く事
それから洋服などは全て「古着」と記載してもらうようにお願いしていました。

だから、「中身の値段は1500Yen」と記載してくれていたのに
なんと!なんと!!!イタリアの税関は日本円ではなくUSドルと勘違いして
しまし、「1500USD」と言うことで「380Euro」の関税を
かけて荷物を届けてきたのです!!!!

「なんで?1500円(13Euroくらい)のものに4万円(380Euro)もの
税金を支払わないと荷物を受け取れないの?」と荷物を運んできた人に言うと
「じゃあ、郵便局にそういう風に言うから自分で郵便局に行って
手続きをして!」と言うので
早速、教えられた郵便局へ・・・・・

もちろん、ここからはイタリアの得意な「自分達は関係ない!」
発言の連発です。。。
「この関税をかけたのは税関で、うち(郵便局)は依頼されているだけなので
関係ないから、税関に問い合わせなさい。うちは関係ないよ!」

「税関ってつまり空港にいけって事??」と聞くと
「それか電話で聞けば!」
電話番号が分からないと言っても教えてくれる親切さは無いしね(泣)

それに私たちの荷物は一体どこに?という疑問も。。。

そんな感じで郵便局を後にして、、、
久しぶりに郵便での問題発生か~と落ち込んでしまいました。

このことを友人に話したら、友人のイタリア人の旦那様が
税関に電話をかけてくれることになりました!

かなり電話がつながらず、大変な思いをさせてしまったのですが
ようやく電話が繋がり事情を説明すると・・・
日本円とUSドルを間違えていたと言うことになり、そのことを訂正するには
メールで依頼しないと行けないとのこと、
もちろん私にそんな能力はないので、友人の旦那様にメールもお願いしました。

そして、手続きは終了!
待つこと1週間、2週間、、、、荷物が届くことも連絡もありません。

その間に友人の旦那様は再度税関に電話をしてくれましたが
本当につながらない電話で・・・申し訳ないので、荷物は諦めることにしました。
日本の郵便局ホームページには「受取人拒否のため返送」と記載されているし
捨てられるよりはいいかな?と思っていたら

す~っかり忘れた頃・・・荷物が届きました!!!
課税も「0」に変更されていて、中身も無事に^^

一年に一度は必ず郵便関係のトラブルに巻き込まれます・・・泣

日本の輸送システムとかって本当に素晴らしいと思います。
荷物を出せば次の日には到着して、時間指定もできて、再配達もちゃんとしてくれる!
日本人だからできることなんだろうと思います。

それから、私の実家からの荷物で古着と記載するのを忘れて
金額も正直に1万円とかと書いてしまったら日本円で4000円くらいの
関税がかかって届いたことも・・・

とにかく新品でもタグを取って「古着」として送ること
それから総額の金額も2000円以下で記載することがポイントのようです。
このトラブルが起きてから、父が調べたところ

日本からイタリア宛荷物の課税について
1.日本郵便では350ユーロを超えるものについてインボイス添付とされていますが、
2.イタリアの取り扱いでは、
  a.個人に送る場合
    - 45ユーロ(約6000円)を超えると
        (価格の3.5%の関税+20%の付加価値税+手数料)が掛かる。
    - 350ユーロ(約47000円)を超えると
        現地税関事務所が税額を決定。
  b.事業所に送る場合
      22ユーロ(約3000円)を超えると現地税関事務所が税額を決定。

個人に送る荷物に対しても関税がかかると言うことに
どうしても納得がいかないのですが、イタリアはこのような感じです。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-09 21:57 | 日々のことin Italia
<< そろそろ??? 第3回、4回 母親学級 >>