二回目の納豆制作

c0154064_1912261.jpg

明らかにこの前の時とはできが違う!!!
食べてみるとちゃんと粘りが有り、美味しい~!!!

覚え書きとして書いておこうと思います。

(材料)
大豆(イタリアのBioショップで購入) 300g
ミネラルウォーター 大豆の3倍量くらい

納豆菌 0.2g
ミネラルウォーター 10ml

1)大豆は前日にざっと洗って3倍量の水に浸水させる。
(今回は18時間浸しました。本当はもっと早く煮始めたかったのですができなくて・・・)
2)浸水させた水と大豆を圧力鍋に入れて加熱する(ふたはしないで)
  灰汁がでてくるので取り除く。

3)圧力鍋のふたをして、再加熱する。
  シュンシュンいってきたら火を弱めて、25分加熱します。

4)火を止めて、圧が下がるのを待つ。
  前回、蒸らし時間を長くしたら
  大豆が冷めてしまいました。これが失敗の原因かと思い
  今回は圧が下がったらすぐにふたを開けました。

5)ザルで湯を切り、熱いうちに容器に大豆を入れて
  納豆菌(水で溶いた)をまぶしました。
  (納豆菌はあらかじめ水に溶かしておく。)

  本などにはスプレーでかけると書いてあったけど
  スプレーがないので、直接かけて混ぜました。

6)隙間がないように平らにならします。

7)上からぴったりとラップをして、空気穴を竹串で開ける。

8)私の場合は、大きなタッパーで作っているので
  タッパーのふたをしっかりは閉めず、間に温度計を挟み
  大きなタオルで全体をくるみ、スカルダメント(暖房)の上に放置。

9)深夜の暖房が切れるときだけ湯たんぽを2個使って保温しました。

10)24時間発酵させて、その後は冷蔵庫で半日寝かせます。

前回より遙かに納豆らしく、そして美味しい物ができたように思います。
他の人が作った手作り納豆を食べたことがないので
成功なのかは疑問ですが(笑)我が家的には合格です。

美味しい納豆があると思うと朝が楽しみです♪
[PR]
by nnoriko513 | 2012-03-17 02:38 | CIBO(食べ物)
<< ☆メロンパン☆ 震災から一年 >>