「いのち」を養う食

最近はあまり読書に費やす時間はないのですが
悪い母は、たまに(良く?!)授乳しながら本や雑誌を読んでいます!
ごめんね。。。
もちろん、ちゃんと目を見たり、話しかけたりもしています!

そんな風にしながら最近読んだ本がとても良かったので
紹介したいと思います。

「いのち」を養う食 森のイスキア 佐藤初女さんより、幸せな食卓のための50のメッセージ

佐藤 初女 / 講談社



私の中で「食べること」はとても大事なこと。
美味しい物が大好きで、食いしん坊、、、体に良い物を食べたい!

人間の体は、食べるものからエネルギーをもらい、食べ物によってできていると
思っているので、できるだけ新鮮でエネルギーのいっぱいある物や
心のこもった物を食べたい!食べてもらいたい!と思っています。

そして、何を食べたときは楽しかったな~!とか
お母さんが作ってくれたコーンスープは小さいときから大好きだったな~!
とか食事は記憶にもしっかりと残り、心の栄養にもなる気がします。

だから、「食」はとても大事!

と、、、これは私の想いです。

こんな頭の中が「食べること・美味しい物」でいっぱいの私には
佐藤初女さんの本はとっても面白かったのです。

この佐藤初女さんの本は、とても当たり前のことだけど、、、
便利な社会になった今、ついつい忘れてしまっていることが
書かれていて、あ~丁寧に暮らさないといけないな。。。と
深呼吸して、自分の生活を振り返らせてくれます。

娘が寝ている隙に急いでご飯を作ったり、パンを作ってはいけないな・・・
一つ一つ丁寧に・・・無理のない範囲でできたらいいな~と思いました。

難しい本ではないので、興味があったら読んで欲しいと思います。

まさに食べることは「いのちを養う」こと!
楽しく、美味しく食事をし続ける家族でいることが私の願いです☆
c0154064_1382341.jpg

[PR]
by nnoriko513 | 2012-04-07 22:10 | 日々のことin Italia
<< 今年のPasqua サツマイモがお気に入り~ >>