カテゴリ:Ristorante( 31 )

クリスマスランチ Innocenti Evasioni

クリスマスに足を運んだレストラン「Innocenti Evasioni」

実は7月26日に夫と孫を見に来ていたの夫の両親が
行くつもりで予約をしていました。

予定では産まれているはずだったから・・・

ところが娘はなかなか産まれてこなくて、予約していた26日はなんと病院の
分娩室にいて、分娩室から予約のキャンセルの電話をしました(笑)
そして、27日の0時過ぎに娘が産まれたのです。

普段は夜のみの営業で、日曜日休みのため
夫が食べに行くには仕事を休まないといけないので
クリスマスにしかもランチに伺えるというのはとっても嬉しいことでした!

さてさて、、、私たちの頂いた☆クリスマスランチ☆
c0154064_2185793.jpg

Filetto branzino marinato, burrata al limone, spinaci e tigella al nero
スズキのマリネ レモン風味のバター ほうれん草と黒いtigella

上手く日本語にメニューを訳せませんが・・><
このスズキのマリネはとても美味しかったです。添えてあるレモンバター?!
がさっぱりしたタルタルソースのような感じで、爽やかでスプマンテに合いました。

写真ではわかりませんが、ほうれん草の下に黒い物があり、
Tigellaという言葉を辞書で引いても出てこず・・・食べてみると
「多分、パン。」という結論に至りました(笑)

すごくこの日を楽しみにしていたので
このひと皿さらをいただいて、来て良かった~!としみじみ感じました。
c0154064_221091.jpg

Petto di faraona affumicato in casa, tortino di ceci al rosmarino, condimento speziato
自家製ホロホロ鶏の燻製 ローズマリー風味のひよこ豆のトルタ

初めてホロホロ鶏の燻製を食べました!
やさしい甘味でお肉っていう感じがしなくて、これもとても美味しかったです。

付け合わせも見せ方が可愛らしくて、やっぱり家とレストランって
こういう気遣いが違います!

c0154064_2214290.jpg

Gnocchetti di zucca aromatizzata allo zenzero, spezzatino di gamberoni , ristretto di mare
生姜風味の南瓜のニョッキ 一口大の海老のせ 魚介の濃縮スープ

生姜がきいていて面白かったです。
もう少し甘い南瓜で作った方が私は好きですが、、、きっとイタリア人的には
受け入れられないんだろうな~なんて思いました。
c0154064_2222537.jpg

Cappelletti della tradizione in brodo di cappone
伝統的なカッペッレッティ ブロードがけ

ビジュアル的には素朴すぎですが(上手く写真が撮れず・・・)
チーズをパスタ生地で帽子状にくるんでいて、そのチーズがとても美味しく
ブロードとカッペッレッティを口に入れて、食べると詰め物のチーズが出てきて
素朴だけど優しい良いお味でした。
c0154064_2231121.jpg

Filetto di vitello arrostito, tortino di patate e pancetta, purea di sedano rapa, riduzione di cottura al tartufo nero pregiato
子牛肉のロースト ジャガイモとパンチェッタのトルティーノ、根セロリのプレ
黒トリフソースがけ

お肉はと~っても柔らかかったです!
お肉にかかっているソースがちょっと甘くて、私の好きな味でした。
ジャガイモのスライスとパンチェッタがミルフィーユのように重なっていて
これもオシャレでした。そして、お肉とジャガイモ、パンチェッタは
重たい感じなので、たまに根セロリのプレを食べると良い感じでした。

根セロリは一度買ったことがありますが、上手く料理できなかったけど
こんな風にも使えるんだ!発見です。
同じようにはできないだろうけど・・・

お待ちかねのドルチェも楽しめそうです♪
c0154064_2233393.jpg

Zabaione tiepido al moscato, gelato al torrone di Alicante e panettone tostato
モスカート風味の温かいザバイオーネ トッローネのジェラート 焼いたパネットーネ

これは夫が頂いたデザートです。私はザバイオーネの卵っぽさが苦手なので
特別に違う物を用意してもらいました。
ちなみに夫は、美味しい!美味しい!と気に入って食べていました~。
c0154064_2241223.jpg

Cilindro croccante, crema al pan di spezie, mele allo zenzero e morbido al mango
薄いラングドシャのロールクッキー スパイスの聞いたパンクリーム
生姜風味のリンゴ煮とマンゴー入り

こちらは、食べるときにスプーンでクッキーを壊すように割り
全てを混ぜていただきます。

とても美味しかったです。マンゴーもすごく柔らかくて甘いんだけど
ちょっと酸味をプラスしていて、バランスがとても良くて
また食べたいな~と思うデザートでした。
c0154064_224368.jpg

私たちはコーヒーを飲まなかったのですが
最後にプチフールまで出して頂き、大満足でした^^

レストランでコースを食べると帰るときには胃が重たいことが
頻繁にあるのですが、この日は軽快な足取りで帰宅できました。
多分、季節の野菜や豆などを使っている割合が多かったり
余り油分を使わない調理法だったり、、、そういうお料理だったから
だと思います。

今年行ったレストランで一番美味しかったと思います。

次回は、断乳記念ディナーで伺いたいな~。
久しぶりに「また行きたい!」と素直に思えました^^

☆お店情報☆
Innocenti Evasioni
Via privata della Bindellina
20155 Milano
02 33001882
[PR]
by nnoriko513 | 2011-12-30 19:44 | Ristorante

Joia

この前の週末は
日本でイタリア語を習っているときクラスメートだった友人が
サレルノの語学学校に2週間ほど来ていて
最後の3日間をミラノで過ごしてから日本に帰るという予定だったので
昨年の夏以来の久しぶりの再会、、、

実は、ミラノで会うのは2年ぶりです。
前回は、一緒にMantovaに日帰り旅行に行ったりとアクティブに活動しましたが
今回はミラノの中でお茶をしたり、ランチをしたりして過ごしました。

ランチに行ったのはJoiaというレストランです。
お肉やお魚は使わないベジタリアンレストランです!
チーズなどの乳製品は使っていますが基本的にはお野菜を使ったメニューです。
(アラカルトで頼めば魚のメニューはあるそうです。)
このお店は、ミシェランの一つ星で夜はそこそこのお値段ですが
お昼のランチは18Euroのワンプレートランチがあります。
c0154064_4195814.jpg

ライスコロッケ(中にはチーズが入っています)
にんじんのピュレのカレー風味、蕪のバルサミコ煮のパン添えなど・・・

右上の瓶に入っているのがデザートです!

こちらのお店はプレゼンテーションが夜のメニューも面白いのですが
お昼もパンがセイロに入ってきたり、デザートが瓶に入っていたり
面白いです。

赤ちゃん連れでも大丈夫かな?と心配だったので
一ヶ月前に行ったTaste of Milanoという食のイベントで
このレストランが出店していたので行っても大丈夫か聞いたところ
「O.K!」だったので、出産後初めてエレガントなお店に行きました~。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-10-19 18:52 | Ristorante

Cascina Martini @Piemonte

イタリアに20年住み日本食レストランを経営していらっしゃる大先輩であるご夫婦と
ミラノやボローニャなどで多くの日本食レストランの
立ち上げに関わってこられた大大先輩と
私たちの計5人でピエモンテ州にあるレストランへ

今が旬の白トリフを堪能しに行ってきました。

お天気に恵まれていたら、とても景色のよいドライブコースだった気がしますが
雨女の私のせいで?!景色を楽しむことはできませんでした。
それでも、木々が紅葉していて秋を感じました。
(もう冬のような気がするけど・・・)

Asti(アスティ)からブドウ畑の広がる丘を見ながら
この辺の名産ピエモンテ牛を見ながら30分ほど走った
Murisengoというところにある「Cascina Martini」というレストランです。

c0154064_7135022.jpg

こちらが白トリフ↑↑↑ちなみに1gが4ユーロです。
こんなに小さいのが3個で120Euro !!!

ミラノで買ったらもっとも~っと高いからと
皆さん思いっきりがよく(笑)圧倒されました!

c0154064_720231.jpg

こちらはピエモンテ牛のタルタルに生のポルチーニが載っていて
最後は好きなだけ白トリフをかけて食べます。

白トリフを削ると本当に良い香りがします。
さすがに新鮮なお肉なのでしょう!美味しかったです^^

c0154064_7222916.jpg

トリフたっぷりのタリオリーニ
そして、その上からも白トリフを削ります!!!

お客さんがいっぱいでキッチンが忙しかったようで、
パスタがすこ~し冷めていたのが残念!そうじゃなかったらもっとも~っと
美味しかったはずです^^
c0154064_0513122.jpg

ラム肉の石焼き
お肉の下の黒っぽいのが石で熱々!!!
レアで食べたい方は、石の上から早めにおろして食べるそうです。
付け合わせの小タマネギが甘くて美味しかったです。

夫と2人だったら「高いな~」と貧乏性が出てしまいトリフも楽しめなかった
気がしますが、大先輩達に後押しされ思いっきり旬を頂くことができました。

その代わり、お給料日までは慎ましく暮らします(笑)
[PR]
by nnoriko513 | 2010-11-02 07:23 | Ristorante

Trattoria da Bassano

昨日は、夫の元同僚が働いているCremaという町へ行ってきました!
ミラノから車で約1時間・・・

やっぱりイタリアは田舎が良いですね!

その元同僚が今働いているお店のオーナーとオーナーの彼女、
それから24歳には思えない食の知識が豊富な学生とみんなで食事に行きました。

Torattoria da Bassanoと言うお店。
5テーブルくらいしかない、小さなレストラン。
シェフは、彼ら曰く「頭のおかしなシェフ」らしいです。
もちろん良い意味でです^^

超頑固親父って感じで、自分のやり方が気に入らないなら食べに来るな!
とかいってしまいそうな人にお見受けしました。

そして、24歳には思えぬ食の知識が豊富なNicola君のチョイスで食事は進みます。
Franciacortaのスプマンテと共にCramaでしか食べられない
サラミやチーズなどの前菜を頂きました。
c0154064_5311771.jpg

こちらのサラミは、手で食べるようにとシェフから指示が!
みんな手で食べました(笑)
このサラミは、昨年の12月に作った物なので
熟成期間が1年弱と短い、つまりとても柔らかい!
普段はサラミを食べない私も、このサラミならいくらでも食べたいほど^^

全部で5種類近い前菜をちょっとずつ味見するように出してもらいました。
どれも、とってもシンプルな調理法でしたが、素材が生かされていて
本当に美味しく頂きました!
c0154064_5395017.jpg

プリモはCremaの伝統的なパスタ
Tortelli di Crema(確かこんな名前?!)
生パスタがワンタンの皮のように白くてモチモチ♪
卵が入っていないので白いんだそうです。
中身はアマレッティというクッキーを砕いた物と沢山のスパイス
甘くて食事という感じがしませんが、複雑なスパイスが口に広がり
やみつきになります。

Nicola君の説明によると
昔、CremaはVeneziaの支配下というか、Veneziaの一部だったそうです。
Veneziaには海があり、沢山のスパイスが外から船により入ってきたので
このようにスパイスを使うメニューが生まれたそうです!
(イタリア語力の問題で何となくの理解ですので、間違っていたらすいません。)

セコンドはお腹がいっぱいだったので、少しだけ味見^^
サルシッチャ(生ソーセージ)のトマト煮込みとポレンタ
野菜のフリット

c0154064_5514599.jpg

デザートはシェフが手作りしているバニラのジェラート
バニラもマダガスカル産使用だそうです!
写真でも伝わりますか???
とにかく、空気がい~っぱい含まれているのでふんわりしていて
冷たくなくて、とてもとても美味しかったです。
今まで食べたジェラートのなかで一番です!


c0154064_556747.jpg
彼らも言っていましたが、、、
美味しいお店は田舎の小さな町にある気がします。

とても実りのある、楽しい一日となりました。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-10-05 06:06 | Ristorante

IYO@Milano

以前から、行ってみたいと思っていた日本食レストラン「IYO」
Piazza firenzeというPiazza(広場)の近くにあります。

今、夫と一緒に働いている人が以前、働いていたお店で、
平日でも来客人数が60人70人、金曜日、土曜日は100人以上・・・

凄い集客力!どうしてだろう???ととても理由が知りたい、見てみたい!と
思っていたので、日曜日に行ってきました。
こちらのオーナーは中国人なのですが、
その彼は、以前、夫のお店にも食べに来てくれたことがあります。

きちんと他のお店に食べにいってみる!ということしている人
いつも何かを得ようとしている人
それに、とてもカリスマ性があり、魅力のあるの人

こんな印象を一度あっただけで夫も受けているようでした!

だから、とても楽しみに私たちも学ぶ気満々で伺いました。
c0154064_4245963.jpg

まず、内装はとても素敵です。
イタリア人がデートに来たりにはピッタリ☆

そして、何よりも接客がしっかりしています!
この経営者の彼もフロアーで接客をしていて、すごい見ている。
普通の人の何倍ものことを考え、見て、動く。

お客さんの顔なども凄く覚えている事が私たちにもわかります。
そして、「しっかりとお客さんが何を求めているかを感じ、それをしてあげる」
なんか、日本で当たり前の接客がここにありました(笑)
そして、人当たりがよくイタリアの良さもあるように感じました。

これはお客さんの居心地良いだろうな~。

お料理は彼にお任せしました。
c0154064_4254528.jpg

ホタテのぽん酢かけ
イタリアで新鮮なホタテを食べるのは難しいなか、美味しかったです。
c0154064_4262578.jpg

薩摩揚げのような、すり身の揚げ物
揚げ物大好きなイタリア人には人気だと思います。
c0154064_427929.jpg

マグロのたたき風
マグロも美味しかったです!
多くのレストランが真空パックのマグロを使っていて、夫も私も外で
マグロは残すことがありますが、こちらはちゃんとしてました!
c0154064_427471.jpg

サーモンとカンパチのカルパッチョ ゆずぽん酢かけ
ゆずの感じがとても美味しかったです。
新鮮な魚が手に入らないイタリアでは、カルパッチョにすると臭みも消えて良いですね。

c0154064_4283014.jpg

イタリア人に人気の軍艦
私たちも初めて食べる、ズッキーニの巻いてある軍艦巻き!!!
上には蟹の身のマヨネーズあえがのっています。

私たち日本人には、微妙ですが(笑)イタリア人には人気だそうです。
確かに見た目も良いので、自分たちも見た目も良い軍艦を考えたいです。
そして、マヨネーズ大好きなイタリア人に人気なのは理解できます。

他にもげそ揚げを巻いた巻物などもいただきました。

そして、サービスでトロのお刺身を出してもらいました!!!
海外で食べたトロのなかで一番美味しかった。
(夫も絶賛、でもちょっとショックそうでした。)
Dolceはこんなスペシャルな感じに
c0154064_429455.jpg


お客さんが引けてくると彼も私たちの所に来ておしゃべりをしてくれて
本当に色々なことを知っているし、知るために努力をしていることがわかります。

レストランに関しては、ミラノにある日本食レストランには、
色々と食べ行っていて名前も覚えています。
自分たちが中国料理のレストランをやっていて、同じように名前をきちんと
覚えることができるだろうか???ここでも凄いな!と思いました。
そして、シェフの人の名前なども覚えている。

イタリア人に、ミシェランの三つ星レストランの話をしてもわかる人って少ないけど、
彼も私たち同様に勉強のために、きちんと食べに行っている人だったので、
イタリアンのレストランについても意見交換ができ、「行ってみるといいよ!」と
私たちの知らないレストランも教えてくれたので、近々行ってみます。

話していてとても面白かったです!
日本食レストランを日本人じゃないのに、ここまでできることに驚き
それを言葉にしたときに、彼から返ってきた言葉
日本人・中国人・イタリア人・・・国籍は関係ない!
大事なことは美味しい事!

彼の言った言葉が心にしみました。


もたもたしないで頑張ろう!!!私たち!

Claudio kun Grazie mille !!!Ti ringraziamo001.gif
[PR]
by nnoriko513 | 2010-07-10 04:31 | Ristorante

Osteria Francescana @Modena

Cucina Nuova?Nuova Cucina?・・・新しい料理

従来のイタリア料理とは違う、新しい発想、手法を取り入れているレストランとして、
紹介していただいたOsteria Francescanaというお店へ
今週の月曜日に行ってきました。
ちなみにミシェランの2つ星だそうです。

ミラノからインターシティーという電車に乗って2時間くらいで到着する、
バルサミコで有名なモデナにあります。
c0154064_142431.jpg

お店の内装などもモダンな感じで、オシャレ!
そう、先月訪れた三つ星のDal Pescatoreのような歴史や貫禄は感じません。

内装にも違いが・・・お料理は?
私たちは、Menu Degustazioneを頼むことにしました。

初めに手作りのパンとお勧めのオリーブオイルを出してくれて
パンにオイルをつけて食べました。
パンもオイルも美味しかったです。

お通し
c0154064_227375.jpg

こちらはパニーノを分解した形のお皿
パン+モルタデッラ(ソーセージの一種)をムース状にしたもの
+ピスタチオ+ニンニクソース
c0154064_228926.jpg

フォアグラのアイスキャンディー仕立て?とでも言うのかな。
フォアグラの中には、熟成されたバルサミコが入っていて、
周りはアーモンドでコーティング
c0154064_2284392.jpg

黒トリフのスライスが上に乗っていて、
下には大量のネギを炒めて甘みを出した物にチーズなどを加えたものが

こちらのネギから出ている甘みがとても美味しく感じました。
私たちには、美味しいけど量が多い!
せっかくの美味しさも、多すぎては記憶から消えそう・・・
お肉やお魚などの上に少し乗せて出したらいいね~。
(・・・と、こちらは夫が、最近、試行錯誤していたネギソースに似ていた上に
こちらの方が美味しいので、良いヒントになったみたいです!)

私たちの食べたかったお皿
c0154064_2293120.jpg

Cinque Stagionatura di Parmigiano reggiano
Cinque consistenza e temperatura

5種類の違った熟成期間のパルミッジャーノチーズを使って
固さも温度も5種類とも違う

これは、面白い!!!楽しませてくれて、美味しいお皿でした。

同じパルミッジャーノとは思えない、違った味わいです。
c0154064_2301137.jpg

一番下がフォアグラ
その間に生ハムをカリカリに焼いた物
一番上は豆のペースト
チーズの泡
c0154064_2305093.jpg

ラビオリとレンズ豆のペーストソース
c0154064_2312843.jpg

Bollito misto・・・Non bollitoという名前のお皿
違う部位のお肉が時計回りに並べてあり
赤ピーマンのソースとパセリの泡ソース

マグロの赤身、トロ、中トロ、、、とかそういう発想かな?
赤ピーマンのソースが甘くて、美味しかったです。
c0154064_2322669.jpg

パイナップルジュースにハーブ類の泡
本当に泡泡泡!とどのお皿にも泡が!!!

Dolceは、、、
私の苦手なZuppa ingleseの分解編???
c0154064_2331733.jpg

ゼリーをはがすと↓
c0154064_2335929.jpg

私はバニラアイスとブラックチェリーソース
c0154064_234519.jpg


一番の楽しみがDolceの私としては、、、ちょっと残念でした007.gif

この土地柄でしょうけど、チーズやバター、フォアグラ、、、
私たちには、全てのお皿が重たかった。

ちなみに、私たちの頼んだMenu Degustazioneは一人130Euro です。
普通のイタリア人がこの値段で、このサイコロのようなお肉が6個で満足するのかな?
私たちはお肉以外でお腹がいっぱい(笑)

新しい料理・・・何となく感じたかな?!

美味しいの基準は人それぞれ。。。

食後は、ワールドカップの日本VSカメルーン戦が見られるBarを探してみたけど
SKYの見られるBarってそう簡単に見つからないんですね!
結局、見つからず・・・夜のイタリアVS北朝鮮の試合のためにモデナを出発!!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-17 02:47 | Ristorante

Dal PescatoreのDolce

c0154064_411455.jpg

まずは、かわいいプチガトーの登場
小さいながらも、タルトやチョコレート、コルネット型のお菓子・・・
食べるのがもったいない012.gifでも、全部食べたい011.gif
そんなかわいらしいお菓子!!!

結婚記念日だったので、
夫の結婚指輪のゾウもお菓子ののっている器の取っ手にぶら下がっています(笑)

続いて出てきたDolce
ここからは、デザートワインと共に♪♪♪
c0154064_4161253.jpg

アマレッティとエスプレッソ風味のドルチェ

シンプルなのですが、濃厚さもちょうど良く・・・とても美味しい!
ちなみにDal Pescatoreのレシピ本にも載っているので
絶対に作ってみようと思っています。ただし、、、カロリーが気になっちゃいます(笑)

そして、お待ちかねのメインのDolce
私は、スフレのオレンジソースがけ
c0154064_4194216.jpg

夫はチョコレートケーキ ジェラート添え
c0154064_4204433.jpg


これだけの量の食事を普通に食べ、12時半くらいから3時間以上のランチ
立派にイタリア人並の胃袋と生活スタイルを身につけている私たち(笑)

我ながら驚きです!!!

ワインは、日本人のソムリエの方にお任せして・・・
白ワイン
Anselmi Capitel Foscarino 2006
赤ワイン
Ca' Marcanda Magari 2006
デザートワイン
Anselmi Capitelli 2006

この三つ星のDal Pescatoreのソムリエは何と日本人の方なのです!
とても、凄い人☆☆☆夫は、この人の事をとても尊敬していて、ファンですか?!(笑)
とつっこみたくなる事が有ります。この話題は、、、また今度♪

最後は、、、持参したDal Pescatoreのレシピ本にサインを頂き
部数も限定で毎年印刷されていて、ナンバリングされているメニューも頂き
c0154064_4322383.jpg

最後は記念撮影を一緒に♪

最後は、電車の時間も迫っていて・・・慌ただしくお店を後にしましたが、
自分たちももっともっと努力をして、頑張って行きたい!と思わせてくれる
素敵な人たちがいる、素敵な料理の味わえるところ・・・

一年に一度訪れられたら幸せですが・・・
3星レストランなので二人で460ユーロ(^0^)
数年後でも訪れることができればいいな!と思います。

ちなみに、私たちの隣の隣のテーブルのお金持ちそうなご夫婦は
プラダの社長さん夫婦でした!!!!!!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-05-12 04:45 | Ristorante

Dal Pescatoreのお料理

すっかり、ブログの更新も止まってしまい・・・
まるで、Dal Pescatoreのお料理紹介をもったいぶっている様ですが
そうではなく、、、時間が少し無かっただけです(^0^)
それでは、メインサロンでのお食事の始まりです♪
c0154064_005873.jpg

テーブルセッティングはこんな感じ↑↑↑
お庭も見渡せる、全面ガラス張りの窓から光が沢山はいる素敵なサロンです。
私たちはMenu Degustazione(コースメニュー)の
Menu di Primaveraという春のコースをお願いしました。
まずは、「お通し」の一皿
c0154064_081288.jpg

薄く切られた茄子とトマト、それからバジルをゆるめのゼリー液で固めてあり、
周りにオリーブオイルがふんだんにかけてあります。
このトマトの甘くて、美味しいことに私は一番感動しました!
そして、オリーブオイルが美味しい!!

c0154064_095641.jpg

オマールエビのシャンパンのゼリー寄せ

こちらのお皿の右上には、なんと「ガリ」が・・・いえ、生姜の甘酢漬けですけど!
ガリからヒントを得ていそうです(^0^)この生姜は鮮度が良さそうで美味しかったです。
ガリよりはかなり甘みが有りました。

それから、左上にはウナギが!
とても身が柔らかくふんわりとしていて、上のタマネギとオレンジの風味が合っていました。

Primi Piattiは何と3皿
c0154064_0101915.jpg

とても楽しみにしていたTortelli di Zucca
生パスタが黄色を通り越してオレンジのような色?!
黄身がいっぱいは入っているからでしょうね!
以前、Dal Pescatoreのレシピ本を見て
作ったTortelli di Zuccaとは比べものにならない美味しさでした☆
南瓜の甘さもですが詰め物の具材の一つMostardaがBrunaおばあちゃんの手作りで、
この微妙な味はなかなか出せないと・・・ソムリエの方も言われていました!
たったの3個ですが、味わっていただきました。
c0154064_010496.jpg

サフランリゾット カルチョーフィのフリットのせ

3年前に夫が食べたサフランリゾットが本当に絶品でこれを食べさせたい!と
夫は思っていたようでした。。。が、前回と味が違ったみたいで残念・・・

c0154064_0111785.jpg

Gnocchi di patate con asparagi,Calamari punta e broccoletti
(ジャガイモのニョッキのアスパラソース、烏賊とブロッコリー
c0154064_0114392.jpg

スズキのポワレ(名前がしっかりわかりませんが・・・)
季節の野菜が添えてありました!
c0154064_0123693.jpg

鹿肉のステーキ
私が日本で食べたことのある鹿肉とは違い、レバーのような臭いがしました。
何でも食べることができる私ですが・・・この臭いには少し負けました><
c0154064_0131331.jpg

一応勉強のために食べにきているので、
2人とも一生懸命味わいました(笑)

これで、お料理はおしまい・・・
塩加減、味のバランス、オリーブオイル、野菜がとても美味しかったです。
そして、シンプルに見えますが労力を惜しまずに手をかけて作っている事が
一口食べるたびに伝わってくる様に思いました。

そして、お待ちかねのデザートへ・・・
[PR]
by nnoriko513 | 2010-05-12 00:37 | Ristorante

Dal Pescatore

先週、訪れる予定だったレストラン「Dal Pescatore」に
一週間遅れの結婚記念日を祝うために行ってきたので、
遅ればせながらご報告させていいただきます(^0^)

イタリアのミシェラン3星レストランの一つDal Pescatore
Mantovaにあり、Mnatovaの郷土料理を受け継ぐレストランです。

夫は、3年前に一度訪れたことがあり、、、ことあるごとに
「すばらしいレストラン!」と言っていたので、私も行ってみたい♪という願いが
叶うと思うと電車での移動時間もあっという間!

ミラノからは、Mantova行きの普通電車に揺られること1時間半Piadena駅に到着
駅には、タクシーもバスも止まっていない、、、田舎の駅

私たちはあらかじめ、お店の方にタクシーをお願いしていたので駅で待つことに
10分くらい待つと、Barから運転手さんらしきおじさんが登場!
思い描いていたタクシーとは違ったけど、とてもジェントルマン☆なおじさんの運転で
畑や菜の花畑、、、田舎道を通りながら
私たちは念願のDal Pescatoreに到着・・・・

早めに到着してしまった私たちは、こちらのサロンで待たせていただくことに
c0154064_625415.jpg

AperitivoにFranciacortaのスプマンテを頂き、優雅に待つことに♪
(実際は写真を撮ったり、優雅に待つことはできませんでしたが・・・笑)

それにしても、駅から遠く、不便なところにあるな~と思ったのですが、
訪れるお客様はお金持ちで、私たちのように車を持っていない人はいないので
困らないんですね(笑)
極めつけは!!!Dal Pescatoreにはヘリコプターの離着陸場もあるそうで、
ヘリコプターで訪れる人もいるそうです!!!!!!

もちろん、車も、もちろんヘリコプターも持っていない私たちですが
たどり着くことができ、暖かく迎えていただけました001.gif

それでは、いよいよメインホールへ・・・
[PR]
by nnoriko513 | 2010-05-01 06:46 | Ristorante

Ristorante Giapponese KIYO @ Milano

日曜日の夜は、
De Angeliという駅の近くに数日前にオープンしたばかりの
日本食レストラン”KIYO"へ

こちらのお店は、夫のお店にも食べに来てくれるRiccardo君の働く
”Casa Lucia”というイタリアンのお店と同じオーナーが関わって
オープンしたお店。
もちろんRiccardoくんもオーナーの1人です。

私たちにも多くの影響を与えてくれている、彼も関わっているお店なので
早速、足を運ばせていただきました。

お店の内装を写真に納めるのを忘れましたが、
木がふんだんに使われていて、とてもオシャレで素敵な雰囲気のお店でした。

そして、以前NOBUで働いていた人が多いそうです。

私たちの頂いたお料理をご紹介!
(正確な料理名は覚えていません008.gif
c0154064_12473534.jpg

Insalata di verde con "K" dressing
"K"ドレッシングって何?と伺うと日本人のシェフの名前からきていて、
シェフのオリジナルドレッシングと言われると、頼まずにはいられなくて!!!
こちらをチョイスします。
ドレッシングはとっても美味しかったです♪

c0154064_12544470.jpg

こちらはシェフに「お勧めは?」とお尋ねしたら、
トロがあるので・・・とメニューにない一品として作ってくれました。
c0154064_6183073.jpg

Sushi misto(お寿司の盛り合わせ)
c0154064_6194685.jpg

盛りつけ方、お皿というかグラスの使い方のアイデアが素敵
このアイデアを頂きたく、グラスを買ったお店をお聞きしてしまいました037.gif

中のサラダは、パクチーがアクセントになっていて(イタリアでパクチーを食べることが
なかなか無かった私には、新鮮でした!)
お刺身のお魚と生野菜、ドレッシングがあえてあります。

目で楽しみながら食べる事、ワクワク感、発想力の大切さを
改めて感じました。
c0154064_6273787.jpg

最後のDolceはチーズケーキ、こちらはオーナーの息子Francesco君のレシピ
デコレーションはイタリア式で大雑把です(笑)

夫と私は、内装、メニュー、接客、盛りつけ、お皿、もちろん味・・・
色々なことを話しながら、有意義な時間を過ごせました!

得るものがいっぱい!
まずは、ガラスのグラス探しに行ってきます→
[PR]
by nnoriko513 | 2010-03-24 12:41 | Ristorante