<   2009年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧

素敵なクリスマスカード☆

c0154064_3365553.jpg

日本が大好きなご夫婦MarinaさんとRobertoさんが
今日は、わざわざベルガモから夫の働くレストランに食べに来てくれました!
それからS氏も一緒に!

このお二人はBergamo在住S氏のお友達で
数ヶ月前に私がBergamoに行ったときにMarinaさんと
お食事をしたことはブログにも書きました!
この写真の奥にあるブーケはそのときに頂いた
エーデルワイスの花の入ったブーケです!!!

すっかりドライフラワーになりました。

そして、この手前にある「お札」が今年のお二人のクリスマスカード!!!
素敵でしょ☆
日本人では思いつかないアイデア!

ベルガモにある紙屋さんに紙は頼んで、文字はS氏の知り合いの人に
頼んだそうです。

「祈願多幸多福繁栄」
そのままの思いがシンプルに込められていて、
もらった側は本当に幸せな気分になります♪

本当のお札ではないので喧嘩をしたりもしないので(笑)
どこに飾ってもO.K!

私も早速本棚に飾りました♪
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-29 03:51 | 日々のことin Italia

クリスマスに向けてPenettoneを・・・

スーパーに山積みのPanettoneにいつも誘惑されそうになりながら我慢022.gif

せっかくなら美味しいPanettoneが食べたい!!!

以前にもブログに登場したBergamo(ベルガモ)に住んでいるS氏が
地元の人に教えてもらったPasticceriaのPanettoneが美味しいから♪
とお店に案内してくれるというので先日行ってきました。

Bergamoからバスに揺られて40分くらいのSan Giovanni Biancoという町に
そのPasticceriaはあります。
町と言っても店らしき物はそのPasticceriaしか見あたりません・・・
c0154064_3281249.jpg

Pasticceria Ruffoni
Piazza Marconi 1
24015 San Giovanni Bianco(BG)

店構えも特別お洒落でもなく(笑)
中にはいるとすご~くいい香り053.gif
お菓子屋さんの何ともいえない幸せな香りが迎えてくれて
それだけで大満足!

お目当てのPanettoneが並んでいます。
c0154064_3334712.jpg

一番大きい物は1KGもあります!!!
それ以外に750g,500g,350gとありました。
値段は1KGのものが18ユーロ、ミラノに比べると少し安いかな?!
c0154064_3375731.jpg

作っているところをのぞいたら、できたてのPanettoneが逆さにされています!

焼き縮みしないように、逆さにしてさますなんて初めて知りました。

お店の片隅には予約済みのPanettoneがたくさん置かれているし、
お客さんもこんなに辺鄙なところなのに・・・良く来ます。
イタリアらしく地域に根付いているお店です。

日本のように雑誌やテレビで見たから買いに来た!とか
そういうのはなく、地元の人がず~っと買いに来続けているのが
イタリアのパン屋さんやケーキ屋さんの気がします。

だから「流行」はないので今年の新作ケーキ067.gifなんてなく・・・
いつもクリスマスはPanettone(笑)

日本は「流行」があり、話題のお店があるとそこに行こう!!!という
人がたくさんいて、行列までできちゃう・・・(私もその一人)
だから、どんどんいい物を作ろう!新しい物を作ろう!となるので
洗練されていく気がします。
もちろん和菓子屋さんは伝統を大事にしていますが、
そこに新しいテイストを加える努力をやっぱりしていて
新しい和菓子が生まれているし・・・


逆にイタリアは「流行」や話題の店というのはあまり聞きません。
お菓子も新しい物を!というよりはずっと同じ物を・・・という感じ
うまく言葉にできないけど伝統みたいな物を大事にしていて
変わらないことがいいという感じがします。


どちらがいいとか悪いとかではなく、、、
国が違うとお菓子屋さんも違うということです!

c0154064_3562167.jpg

これが私のPanettoneです!
750gと500gを・・・
クリスマスまでとっておけるか自信がなかったので味見用も(笑)

まだ、食べていないので味の報告はまた今度!
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-28 04:11 | Pasticceria(菓子屋)

Natale(クリスマス)が近づいてきた!

11月の後半になり、街のお店のショーウィンドーもクリスマスモードに♪

イルミネーションも!
日本のようなブルーやホワイトの電球ではなく、
白熱灯がメインの優しいイルミネーションです。
もう少ししたら写真を撮りに行かないと060.gif

そして人々もなんだかウキウキ♪
クリスマスプレゼントを買っているのかな?!と思う人もいるし
クリスマスの時のためのテーブルクロスなどを見ている人も・・・

日本でお正月を迎える準備をしている時の感じです。

色んなお店もかき入れ時なのでしょう・・・日曜日も営業しています!
イタリア人が働いてます(笑)

そして、私がクリスマスが近づいた~!と1番感じるのが・・・
スーパーのこの風景
c0154064_7172285.jpg

これはPanettone(パネットーネ)という醗酵菓子で、
イタリアではクリスマスに食べるもの!

ケーキというよりはパンみたい!
でも、バターもたっぷり入っていて中にはレーズンやオレンジピールなのが
入っています。
もちろん、Pasticceria(お菓子屋さん)にもいっぱい並んでいるし、
そちらの方が味は数段上!!!

でも、スーパーにもこんなに山積みに・・・

クリスマスに食べるものだから、今から買わなくてもいいのでは???
と思うのですが11月中旬に陳列されると・・・

皆さんの買い物かごにしっかりと入っています(笑)
ちなみに日持ちは3ヶ月くらいするので、クリスマスまでは十分持つけど
きっと、その前に食べているんだろうな~001.gif

もちろん私も大好きなので早く食べたい!
チョコレートが中に入っている物や、上からかかっている物や、
レーズンだけの物や・・・色々バリエーションも♪
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-27 07:34 | 日々のことin Italia

Due Colombe @Rovato

夫がミラノに来る前に働いていたのは「Rovato」という田舎町
ミラノから電車で1時間
周りはワイン用のブドウ畑が広がるのどかなところです。

そのRovatoにミシェランの1星レストラン「Due Colombe」があります。
そこのシェフStefano君は、夫の以前働いていたお店によく食べに来てくれ、
夫にいつも刺激を与えてくれた人

先日、そのStefanoくんが今の夫の働くレストランに食べに来てくれました。
きちんと味のわかる人なので・・・
しっかりと煮魚などの日本食らしい物も作り、ぬか漬けも出してみました!

私はその場には居合わせなかったですが、Stefano君が来てくれた日
帰宅後のの夫の晴れ晴れとした顔
良い刺激をいっぱい得られたんだな!ととても感じました。

せっかくなので私たちも翌週はStefanoくんの所へ食べに行くことにしました♪

c0154064_2220818.jpg

店内は落ち着いていて、いい気分♪
メニューも一通り見させてもらって、、、やっぱりStefanoくんにお任せ!
c0154064_22233580.jpg

カリフラワーのポタージュスープ
上にはバジルのソースがかかっています。
c0154064_22263645.jpg

お皿の中にはムール貝の身と生のエビが並べてあり
その上からムール貝の出汁とサフランを使ったブロードをかけてくれます!
そうすると少しムール貝と甘エビに熱が加わり、ブロードと一緒にいただくと
サフランの風味も・・・
このブロードがすごく美味しい!
c0154064_2231975.jpg

マッシュした紫芋の上に、さいころ状に切った甘エビが並べてあり、
一番上には紫芋の揚げた物が乗っています。
チーズを使ったクリームソースがひいてあり、
そこにFranciacortaのスプマンテをつかったゼリーをかけてくれます。

こちらのお皿は以前もいただいたことがありますが
そのときに比べ、とても洗練されて美味しくなっていました。
バランスが良くなっていました!!
柔らかい物と堅い物を合わせ、食感を楽しめるようになっています。
また、チーズのクリームだけではしつこいところにスプマンテのさっぱり
した感じがとても合っていました。
c0154064_22414081.jpg

食用のお花を使ったサラダ仕立て
下にはフォアグラが・・・そしてフォアグラの上には飴がかかっています。
食べるとこの飴がパリパリ♪
これは以前食べたとき、私には重たいメニューでしたが今回はドレッシングに
酢がプラスされていて、さっぱりしていました!
これもバランスが良くなっていて、おいしいな~と思ってペロッといただきました。
c0154064_22461824.jpg

これは日本ぽい一皿!と出してくれたのは「牡蠣のリゾット」
こちらが今回の一番感動したお皿です!!!!!
リゾットは牡蠣で取った出汁で作っていて、
上には大きな生牡蠣とプーリア州のチーズがのっています。

牡蠣だけでは飽きてしまうところに、この少し酸味のきいたチーズがよい
アクセントになっていて、さらには牡蠣の臭みも感じさせません!

イタリアでこんなに美味しく出汁の旨味を感じるリゾットを食べたのは初めて!

c0154064_22551128.jpg

ジャガイモのプレの上に、片面だけを焼いたホタテをのせて
ポテトチップスと甘草の粉を・・・
私は甘草が苦手ですが、おいしく食べられました!
c0154064_2303375.jpg

ラストは鴨肉のロースト

お腹がいっぱいなのに・・・Stefano君がDolceを作ってくれるというので
c0154064_2321592.jpg

キャラメルのジェラートとリンゴ煮
お腹がいっぱいのはずが、、、ペロッと!


とてもとても感動の食事でした。

私の気に入った牡蠣のリゾットも3年前くらいから考えて、
初めは特にイタリア人には受けなかった・・・と言っていました。
試行錯誤を繰り返し、美味しい物を作ろうという熱意が伝わってきて、
こちらも負けていられない!なんて気がむくむくと(笑)


Stefanoくんと夫が、これからもいい刺激を与え合える関係であることを
心から願ってお店を後にしました!
c0154064_23143937.jpg

[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-24 23:20 | Ristorante

自家製パン粉

我が家の夕食には揚げ物が良く登場します!
トンカツ・串カツ・メンチカツ・・・


私はあまり揚げ物を食べる習慣がなかったのですが
夫はトンカツや串カツが大好き053.gif


そういえばお姉さんのブログに
お母さん(私の夫と夫の兄の)が、後は揚げるだけの状態まで準備して
トンカツを作って持ってきてくれた!!って書いてあったから
お母さんの得意料理なのかな???母親の味001.gif
なんて、勝手に想像しています(笑)

ちなみに「ウズラの卵フライ」が最近の流行です!
これは私には初挑戦の味ですが、夫にとっては懐かしの味みたい056.gif

パン粉の使用率が高い我が家ですが、


イタリアで売っているパン粉は、日本のものとは違って
パンをフードプロセッサーで細か~くしたもの!

ミラノ風カツレツとかにはこれを使用したら美味しくできますが、
トンカツやコロッケには日本のパン粉がいいな~と思って・・・
自家製パン粉を常備しています!

c0154064_622114.jpg

今回はヨーグルトを練り込んだパンを作ってみたら

失敗・・・007.gif

よってパン粉に変身!!!
新しい活躍の場が006.gif

食べきれなくて堅くなってしまったパンや失敗したパンは冷凍して、
時間のあるときにまとめてチーズおろし器でおろしてパン粉に!
もちろんフードプロセッサーやミルサーがあればそれを使うと便利003.gif
なければ我が家のように!

自分の好みに作れるので、細かいタイプと少し粗めのタイプを作って常備!
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-22 06:56 | CIBO(食べ物)

テーブルを購入

これもパソコンが壊れているときの出来事ですが
テーブルをやっと買いました!

ブログにもIKEAに行って楽しかった♪と3週間くらい前に書いてから
IKEAに行く機会がなく、、、
実は段ボールのテーブル生活を満喫していました(笑)

さすがにテーブルがないとね・・・とIKEAへ♪
テーブルを買うのが目的ですが、その前に一仕事!!!
c0154064_3443471.jpg

夫の兄のお嫁さん、つまり私たちのお姉さんもブログを書いています。
夫の兄夫婦にはかわいい10ヶ月の男の子がいて、
その子が日本のIKEAでペルシャ絨毯の上に座ってご機嫌001.gif
な様子の写真をブログで見たので、
対抗して夫もペルシャ絨毯売り場でパチリ♪
ペルシャ絨毯の上にはのれないので、
IKEAの宣伝マンバージョンで・・・(笑)

目的を果たしたので、、、

テーブルといすの売り場に直行!
もう決めてあったので、色などを確認して購入することに♪

日本の感覚でお店の人に欲しいものの在庫を調べてもらって、
あればお金を払ったりして、後は配送手配をしてくれるものと思っていたら!

レジの近くにある巨大な倉庫のようなところに自分で机やいすを取りに行き、
それをカートにのせて(重たかった042.gif)、レジでお金を払って、
配送を頼みたい人は、配送カウンターに商品とレシートを持って行くというシステム。

机とかは組み立て式なのでコンパクトに段ボールに入っていますが
重いことにはかわりありません(汗

私たちは車を持っていないので、配送を頼むことにしました。
ちなみに配送料は69ユーロ!
買った椅子一個よりも配送料が高い・・・
組み立ても頼むことは可能ですが、私たちは配送料に驚き005.gif
組み立ては自分たちですることにしました~。

c0154064_422839.jpg

簡単な設計図が入っているのでそれを見ながら
一時間半くらいかかって机が完成!!!

IKEAの安さの秘密が少しわかった気がします。
配送や組み立ての手間を省いているから安くできるんですね♪
IKEAでの買い物は若くないとできないと、、、思っちゃいました!

次回は完成したテーブルの写真を載せます(^0^)
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-21 04:16 | 日々のことin Italia

2軒目のお気に入りBar@Milano

夫の働くお店に週に一回くらい来てくれて、
いつもとても美味しそうに♪幸せそうに♪お寿司を食べてくれるおじさんが
なんとBarを経営してるというので、ある日曜日に行ってみました!

Barの前に到着してびっくり!
そんなに広くない店内ですが、たくさん人がいてなかなか身動きがとれず
ブリオッシュもどんなものがあるのか?見えないし、レジにもいけない~
こんなに混んでいるBarを見るのは、バカンス時の空港以来(笑)

ちなみに家賃の高い地域、いわいる高級住宅街なのでBarの雰囲気も
落ち着いていてとても感じがいいです。
だからって気取っている風でもなく!
c0154064_3393131.jpg

右の人がお客さんで夫のお寿司をにこにこ食べるマルコさん

私たちは、そのおじさんのお薦めで
ブリオッシュはカスタードクリーム、レーズン、イチジク、シナモン
の巻き込んであるものをいただきました!

イタリアでブリオッシュと呼ばれるものは、たいていが甘いクロワッサンで
日本でブリオッシュと思っていたものと違います!
でも、このブリオッシュは卵の入っているあの日本で言うブリオッシュです!
c0154064_3375594.jpg

日曜日の朝って幸せ053.gif

そして私たちのお気に入りのBarになりました!

こちらは別の日の朝食

c0154064_342171.jpg

この粉砂糖のかかっているのがシンプルなブリオッシュ!
こちらは上のブリオッシュと違い、卵は少ないか入っていなくて
バターを感じるタイプ!
私はこれがお気に入り053.gif

c0154064_353187.jpg

お店の周りはこんな雰囲気です!

お店の情報
Leonardo
Via Aurelio Saffi 7
20123Milano
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-20 03:53 | cafe&Bar

イタリアならではの一品

今夜は夫の以前働いていたレストランの人が現在の夫のお店に
食べにきてくれました!
私も同席させてもらっちゃいました。

一人はイタリア人で私たちと一緒に日本にも来たことがあります!
もうひと方は、前の店で夫に色々なこと教えてくれた日本人の方。
この方には、技術ではとうていかなわないけど、、、
どうしたら喜んでくれるか!夫はず~っと考えていました。

本日のメニューは、
今朝訪れた市場で里芋を発見したのでそれを使って、
「鮭と里芋のみそ汁仕立て」
「マグロのづけ」
「牛肉のたたき」 特製バルサミコソースとニンニクチップスがポイント!
「握りと巻物」
「ばらちらし」
「トロポルチーニ」

イタリア人に大人気の裏巻きなどはなしで、、、
旨味をわかってくれる2人だったので、久しぶりにやりがいありだったようです♪

それ以外にキッチンメニューを一つ
「エビのカタイピ揚げ」
c0154064_738230.jpg

こちらは夫のお店のキッチンの人たちが頑張ってとても素敵な
デコレーションをしてくれたので写真を撮りました!
だって、いつもはキッチンでテレビを見たり、音楽聞きながら働いているので
こんなに頑張って作った一皿をみるのは初めてだったので、嬉しくって♪

ちなみに「カタイピ」というのは私もイタリアに来て初めて食べたものの1つです。
ギリシャのものらしく、小麦粉でできているみたいです。
春雨のもっともっと細いもので、それをエビに巻き付けて衣のようにして
揚げます。
サクサクしていて、おもしろさがあります♪

日本にいては考えつかない「日本食の世界」に驚かされます。
もちろん、納得のいかないこともありますが、、、
イタリアに来たからこそそんな違った日本食が体験できる気がします。

まだまだ、日本食といったら「SUSHI」しかも「URAMAKI」で
エビの天ぷらやツナマヨネーズを巻いたものが一番人気!
というのが今のイタリアです。


だからこそ、これからが楽しみ♪と私は思っています。
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-18 07:49 | 夫の仕事

我が家のPizza

先日の我が家でのPizza対決以来
「おうちPizza」をすでに2回もしています!

日本にいるならまだしも、
イタリアで外食の中では一番安く!美味しく!はずれがない!のが
Pizza
しかも自宅では石窯にはとうていかないません・・・

だけど、思いっきり具だくさんに「My Pizza」が作れて
熱々を食べられるところが「おうちPizza」のいいところ
c0154064_2384115.jpg

先日のPizza対決から生まれた☆我が家のPizza☆

トマト缶を使って、ほんの少しの乾燥のオレガノ、ひとつまみの砂糖、
塩、こしょうで作ったトマトソースに、ケチャップと赤ワインを入れた
まさに「特製Pizzaソース」
それから、具はタマネギ、コーン、ツナ、モッツァレラチーズ、ウインナー

前回の生地は、早く醗酵させたかったので砂糖が多かったけど
今回は砂糖も減らした配合で作りました!

ちょっと見た目はジャンキーですが味はBuono!
ちなみにカリカリのクリスピーなPizzaとなりました

夕飯にPizzaは楽ちん♪でも喜んでもらえて一石二鳥です。
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-18 02:49 | おうちごはん

初挑戦!豚肉の塩漬け

ずっとずっと気になっていた「塩豚」というものを作ってみました!
イタリアは牛肉よりも豚肉が美味しい!(私の考えでは・・・)

しかも安い!(これも大切でしょ003.gif

さらに切った肉よりも、かたまり肉で買う方が安いことに
やっと気がつき(笑)
塊の豚肉を購入したいけど、美味しいうちに2人で食べきるのは大変!

そこで、残りを塩豚にすることにしました♪
ちなみに神楽坂にあるフレンチレストラン「ル・マンジュ・トゥー」の
谷昇さんのレシピ本を参考にやってみました。

塩、グラニュー糖、こしょうを塊の豚肉の表面にまぶしつけて
肉が軟らかくなるのを感じるまで手で転がし揉み込んで、
ビニール袋に入れて冷蔵庫で一週間寝かせれば完成。
c0154064_485955.jpg

一週間待ってできた塩豚を使って作った「ポテ」
これまた谷さんのレシピから作った一品です。

フランスのクラシックな煮込みだそうです。
作り方は簡単でただ煮込むだけ・・・味付けも一切なし!
でも、豚肉らか美味しい出汁と塩分がちょうどいい。
全粒粉のベーグルとともに・・・
[PR]
by nnoriko513 | 2009-11-17 04:16 | おうちごはん