<   2010年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

サッカー観戦の日曜日

サッカーに特別な興味があるわけでもないので、ルールもさっぱり(笑)
でも、今回のワールドカップはよく見ています。

昨日の日曜日は・・・夕方の4時からの試合(イギリス対ドイツ)は
同じアパートに住む日本人ご夫婦の旦那様と私たち、3人でBARに観戦にいきました。
日曜日にあいているBARが少ないこともあり、もちろん立ち見!
人の熱気にやられそうでした~。

サッカーのことに詳しくないし、画面も遠いので良くわからなかった><

でも、ドイツもイギリスも上手だな~と何となく思いました(笑)

夜は、アルゼンチン対ポルトガル!
こちらはゆっくりと自宅観戦です。

「ポテトチップスないの?」と夫が言う。
私はスナック菓子を食べたいと思わないタイプなので家にない!

と言うわけで、ジャガイモを薄く切って揚げてみたら、結構良い感じ♪
c0154064_1737046.jpg

既製品を買うよりも、体に優しい☆もちろん、安い(笑)

そして、Pizzaを食べながらサッカーを見ます。
c0154064_17401925.jpg

お家Pizzeria(ピザ屋)でのサッカー観戦

お財布にも優しい、ゆっくりサッカーも見られ・・・なかなか良いです029.gif
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-28 17:44 | 日々のことin Italia

お家でお寿司教室

土曜日の昼間に、語学学校の中国人の友人が我が家へ

Uramaki & Tiramisu 教室開催です!!!
学校での持ち寄りランチの時にUramakiを食べて、教えて!と言われたので
我が家にきてもらい、一緒に作ることになりました。
c0154064_651325.jpg

やっぱりアジア人は、手先の感覚とでも言うのでしょうか?!
イタリア人のように、大きな手!太い指!なんて事はないので
難なくこなせてしまう印象も受けました。

ただ、お寿司が好きで食べたことのあるイタリア人の方が知識が多いので、
ご飯のことなど伝わりやすいな~とも思いました。

材料を伝えるときに「アボカド」がわかってもらえなくて・・・困りました。
たまたま、アボカドが傷んでいたのでカットして用意しておいたので
どんな物か見せてあげられず><

自分では、誰でもが知っている物!と思っていたけど、そうじゃないんだ!
とか、、、

色々と私が学びました。
日本人としてのバックグラウンドがある人に何かを伝える事
全然違うバックグラウンドを持つ人に何かを伝える事・・・難しな~。
c0154064_7366.jpg

こんな感じで、できあがり!!!

そして、Tiramisuの作り方も教えてとのリクエストに答えて
私流ですがこちらも一緒に作りました。
友人にとっては、Tiramisuが簡単に作れることは
驚きだったみたいです!!!
c0154064_763984.jpg


8月にバカンスで中国に帰ったら、家族に作ってあげると言っていました!
嬉しく、楽しい1日でした。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-28 07:12 | 日々のことin Italia

グラーツ旅行 その5 町並み

2日目はあいにくの雨・・・
奥に見られる建物が市庁舎
ちょうどトラムの合流地点なので、人が沢山います。
c0154064_18354040.jpg

c0154064_18384321.jpg
c0154064_1839534.jpg

こちら↑の建物は、かべの装飾が素敵でした。

c0154064_18401587.jpg

c0154064_18412182.jpg

建物色が、薄いピンク・ミントグリーン・水色と可愛い!

国によって、町によって雰囲気って違うな~とつくづく感じます。
c0154064_18425061.jpg

お店の看板のような物もとてもかわいらしい!!!
こういう物は、ミラノで余り見かけない気がします。

お天気だったら、もっと素敵だっただろうな(^0^)
本当に綺麗な町・・・
何よりも、道に犬のフンが無くて安心して歩くことができました。
(ミラノでは道を歩くときに、下をよく見て歩きます・・・笑)
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-27 18:48 | viaggio(旅行)

グラーツ旅行 その4 2日目

2日目は、、、グラーツの中心地の散策

観光名所巡りではなく、美味しい物探しをしました。


c0154064_43747100.jpg

宮廷御用達の老舗パン屋さん
1569年創業で、家族経営で続いてきたと言うお店
「ホーフベッケライ・エッデガー・タック」
地球の歩き方にも、載っていたので行ってみました!
ちなみに、教授先生の奥様によると・・・
古くてお店の雰囲気、外観などは素敵だけど・・・味は他のお店の方が良いらしい!

そこで、私たちはアップルシュトゥルーデルというアップルパイのような
お菓子を購入してみました♪

↓↓↓こちらのお店は、教授先生の奥様お勧めのパン屋さん

c0154064_5174785.jpg

街を歩いていても、ここのビニール袋を持っている人をよく見かけました!
c0154064_518282.jpg

パンの種類が多すぎて、迷う!
何種類か食べてみたい物をチョイスして買ってみました。
c0154064_519381.jpg
c0154064_5192913.jpg

イタリアと違うところは、
黒っぽいライ麦系のパンが多いこと、Bioのパンも並んでいること、
甘めのリッチな生地と砂糖やバターの少ないリーンな生地のパンがきちんとある事

次は、デリカッセン Frankwitsch
こちらのお店は、事前に読んだブログに載っていて行ってみたと希望を
教授先生の奥様に伝えたところ、こちらでランチを取る事に♪

こちらがオーストリアのビール
c0154064_5201292.jpg

とっても飲み易かった~
c0154064_520542.jpg
c0154064_5211770.jpg

そして、フランスパンの上に色々な物がのっている・・・カナッペの大きい版?!
オープンサンド?!なんて言うのでしょうか???

オーストリアらしい物をチョイスして頂きました。
マスやサーモンなどの魚とレモンやマスタードが一緒にのっている物や
ローストビーフ、エビなど

どれもとても美味しかったです(^0^)

これでお腹がいっぱいだったけど・・・隣にはティーサロンがあり
こんな綺麗なケーキがずら~り
c0154064_5221261.jpg
c0154064_5223330.jpg


あ~日本のケーキ屋さん思い出す。。。イタリアでは皆無の綺麗なケーキ達(*^^*)
(イタリアでは、本当にこんなに綺麗なケーキは滅多に見ません!)

う~ん!繊細なムースとか・・・美味しい。

最後は、Cafe Sacher(ザッハー)
c0154064_5231826.jpg

グラーツにもザッハーの支店があります。
デメルのザッハトルテは、日本で食べたことがあるけれど
ザッハーザッハトルテは食べたことがないので、見逃せません!!!
お店の雰囲気も高貴な感じですし、店員さんもお高くとまっている感じです。
c0154064_5235326.jpg
c0154064_5242213.jpg


こちらが「ザッハトルテ」

デメルとザッハーどちらが好みですか???

次は、グラーツの町並み紹介をします!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-27 05:29 | viaggio(旅行)

旅行記の途中ですが・・・

今日は、ワールドカップのイタリアの試合が夕方の4時からありました。

ちょうど語学学校の会話の授業の時間帯
もちろん今日の授業は課外授業003.gif
学校の前にあるBarを先生達が予約しておいてくれたので、
みんなで4時少し前に移動してサッカー観戦しました。
まだ、試合が始まってすぐなので「みんな笑顔」
c0154064_17543765.jpg

韓国人・ペルー人・ブラジル人・中国人・・・日本人の私
もちろんイタリア人の先生達
コーラやビール片手に観戦がスタート!!!

外席だったので、通行人の人ももちろん足を止めて見ていくし
明らかに仕事中?!とい人たちも観戦に来ていました(笑)

最初のお祭り的空気は、いつしか暗い空気に変わっていたけど・・・泣
そして、
テレビの中の人はもちろん、Barに居たイタリア人もみんな暗い顔に。

本当に残念です。

その後、クラスメートのペルー人、ルーマニア人、ブラジル人と
一緒にナヴィリオのBarにAperitivoに行きました。
イタリア敗戦残念会?!
c0154064_1851672.jpg

カクテルやビール、ワインなどのドリンクを一杯頼むと
ビュッフェ式になっている食べ物を自由に食べられるというシステムがAperitivo

いつも学校からすぐに帰っているので、こんなにおしゃべりをたくさんしたのは
今日が初めてです。
少し近くなった感じで嬉しいひとときでした☆

そんな思いで帰宅していると、、、
日本のサッカーの嬉しいお知らせが!!!!凄いですね~♪
明日は、日本が勝ったと報告だ(^0^)
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-25 18:16 | 日々のことin Italia

グラーツ旅行 その3 初☆オーストリア食

グラーツに到着した日の夜は
Keikoのお知り合いの大学の教授先生ご夫婦が
オーストリア料理のレストランへ連れて行ってくれました♪

オーストリアは、ドイツ語
でも、イタリア人と違ってほとんどの人が英語を話せます。

ただ、私の英語力が・・・007.gif

どのようにコミュニケーション取ればいいのかな?
ジェスチャーと英単語を並べて、どうにかなるかな?

と考えていたら、なんとなんと!!!
教授先生は、イタリア語もしゃべることができたのです!!!
あ~良かった(^0^)

まず、レストランに行った時間が18時
オーストリアの人たちの食事時間は、日本に近いのかな?!と思ったことを
今でも覚えています。
18時の時点で、既にレストランにはお客さんがいました。

イタリアのレストランとは、営業時間も違う!

オーストリアらしい物が食べたい!とい私たちにお勧めしてくれたお料理
c0154064_18171396.jpg

「南瓜のスープ」
イタリアでは食べたことのない、南瓜のスープ
南瓜好きの私には嬉しかったです。
日本の南瓜のような「甘み」は濃くないですが、ほんのり甘い。
胡椒がきいていて、スパイシーな感じもあります。

上にかかっている、黒い液体は「パンプキンシードオイル」

初めて味わう「パンプキンシードオイル」はとても香ばしいオイル。
オリーブオイルとは、全然違うオイルです!!!

c0154064_18241478.jpg

パンも焼きたて!!!
イタリアだとテーブルに出されるパンは、冷たい!乾いている!美味しくない!
事が多いので、温かい!美味しい!パンに感動><

メインのお料理は、それぞれ違う物をセレクトして、交換して味わいました。
c0154064_18274322.jpg

こちらは、牛・豚など肉はMixで煮込み料理
かなりしっかりとボリュームがあります。
付け合わせが、洋風すいとん?!とでも言うのでしょうか(笑)
小麦粉と水を合わせたものをお湯の中に落として、茹で
それをバターで炒めたパスタです。
c0154064_18305771.jpg

こちらは豚肉
c0154064_18314562.jpg

こちらはラム肉
付け合わせは、ポレンタ!この国でも食べるんだ~。

とにかく一皿のポーションが大きい!!!

お肉にソースがかかっていることが、イタリアと違うところ

地元の人が賑わうレストランに連れて行ってもらえたから
第一日目にして美味しいグラーツ料理に出会えた事は間違いなしです。

教授先生ご夫妻のおかげです。有り難うございます。Danke schon!!!
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-23 18:42 | viaggio(旅行)

グラーツ旅行 その2 驚きのホテル

グラーツ駅に到着後・・・タクシーでホテルに向かいました。

ホテルというよりは、B&Bという感じ!
3階建ての水色のかわいい建物で、とてもアットホームな雰囲気でした。

お部屋はこんな感じで、とてもスタイリッシュで綺麗です。
(寝ているのはHaRu君)
c0154064_441585.jpg


ただ・・・
c0154064_453657.jpg
c0154064_455559.jpg

トイレもシャワーもものすご~くオープン

とてもオシャレです。
モデルルームならいいけど、実際に使うとなると戸惑います012.gif

曇りガラスの目隠し的な物はありますが
音は絶対に聞こえちゃうし!!!絶対に見えるし!
他人はもちろんですが、例え夫婦でも・・・困りませんか???

このバス・トイレ以外は、とても満足なホテルでした。
バス・トイレも不満では無いですが・・・困りました(笑)

でも、私たち以外にもいっぱい人が泊まっていたので、
オーストリアではこれが普通なのかもしれませんね?!(未だに謎です)
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-23 04:19 | viaggio(旅行)

オーストリア・グラーツの旅 その1 往路

昨日は長袖を着て、
更にスプリングコートを引っ張り出して・・・羽織ってお出かけ。
もう6月の後半、通常のイタリアなら強い日差しがまぶしい!はずです。

それが、雨が降って気温も下がり・・・寒い。どうなっているのでしょう???

ちなみに本日は晴れ。


遅ればせながら、Graz(グラーツ)旅行記を・・・
私にとっては、オーストリアという国を訪れるのは初めて!
ず~っと行ってみたいと思っていたので、とても楽しみでした。
ただ、オーストリアと言えばウィーンという単純な発想しかなかったので
Keikoから、グラーツへの旅のお誘いを受けたときには「どこ?」と思いました。

でも、行ったことのな所に行って、食べたこと無い物はもちろん、
その土地の物を食べることが大好きなので・・・

もちろん、「ご一緒させていただきます!」とお返事を

初日(出発の日)は、朝8時半マルペンサ空港出発の飛行機に乗るために
家を5時半くらいに出て、Cadorna駅に向かい、電車で空港に向かいました。

イタリアなので、何が起こるかわからないから!と時間に余裕を持って出発したら
2時間半前には空港に到着してしまいました。

いつも
期待しないで早め行動を心がけると、いつも以上にスムーズに事が運び

大丈夫だろうと普通に行動すると、何もかもが遅れる・・・これがイタリア!

ここが成田空港なら1時間や2時間時間もつぶせるけど、
マルペンサで時間を潰すのは私に難しい><
もちろんHaRu君も「空港で待つの嫌なの!!!」と、、、フムフムと納得

時間があるので「朝食タイム」となり、
Keiko作のサンドウィッチを楽しむことに♪
ライ麦パンにバター&蜂蜜サンド
Eggサラダサンド(名前は私が勝手に付けました)

とっても美味しい!!!バター&蜂蜜サンドはちょっとハマリそう^^

そうこうしていると、、、時間がたち、飛行機に搭乗!
今回は航空券はAir ベルリン、飛行機はNIKIというオーストリアの航空会社の機体でした。
大手の航空会社では無いですが、ドリンクとサンドウィッチのサービスもあり
キャビンアテンダントの人も感じが良く、快適なフライトでした。

1時間半ほどでウィーンに到着!
ここでも「イタリアより空港が綺麗だな~」と思いました(笑)

ここからは電車を使っての移動
「Flughafen Wien(ウィーン国際空港駅)」からオーストリア連邦鉄道のSバーンに乗り
c0154064_19215945.jpg
「Rennweg駅」で乗り換え、
ここでは残念な出来事が一つ
私の作ってきたお昼用のおにぎりの入った袋を電車の中に置き忘れてしまったのです><
気づいたときには電車の姿はなく・・・
幸いにも無くなった物はおにぎりだけですが、久しぶりのお米を楽しみにしてくれていた
であろうKeiko達に申し訳ない。
あのおにぎりを発見したオーストリア人もしくは外国人は、何を思うのかな???
確実に欲しいと思う人はいないことでしょう。私たちには大事な物だけど・・・

私のドジも明るく吹き飛ばしてくれたKeiko達に感謝です!!!アリガトウ

気を取り直して、乗り換えをし、「Meidling駅」到着

ここからは、Euro Cityで2時間半・・・グラーツへ。

マイドリング駅でも、待ち時間がたくさんあったので駅の中を散策

パン屋さんを発見!!!
c0154064_19234787.jpg
c0154064_1924799.jpg


イタリアではあまり見かけないフルーツのデニッシュパンとルバーブのマフィン
デニッシュは想像と違って、かなりフニャフニャとしっとりしていました~。
そして、マフィンがみずみずしく美味しい☆

どちらのパンもイタリアの乾いた感じはなく、みずみずしい!

これから出会うオーストリアのパンが楽しみです♪

Euro Cityでグラーツへ向かう途中には
世界遺産に指定されているセンメリング鉄道を通ると聞いていましたが、
どこが世界遺産だったのかわからずにグラーツに到着。
帰りに見ることにします!!!

とにかく、電車からの眺めは全てが大自然!緑の豊かさ、みずみずしさを感じます。
グラーツ到着!もちろん時間も正確☆
c0154064_19291059.jpg

[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-21 11:29 | viaggio(旅行)

抹茶クッキー

「抹茶クッキー ホワイトチョコサンド」
c0154064_22193886.jpg


抹茶を使ったお菓子の試作をしよ~♪
以前「抹茶シフォンケーキのホワイトチョコ入り」がイタリア人に好評だったので、
ホワイトチョコを挟んだクッキーは見た目も可愛いかな?と試してみました。

お菓子用の抜き型がない我が家。。。野菜の抜き型でやってみました。

友達のKeikoにいただいた、マスキングテープを使いラッピング♪
(マスキングテープはもったいなくて、ケチケチ使っています・・・笑)

もう少し、サクサク感アップが次回の課題かな?!
アーモンドパウダーを加えてみようかな???思案中。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-20 22:37 | dolce(お菓子)

多国籍ランチ@Scuola

今日のお昼は、語学学校での持ち寄りランチ

色々な国の食べ物が食べられるので、とても私には興味深い011.gif

日本食=Sushiという概念が当たり前なので、「肉じゃが」とかを
持って行くよりは、お寿司を持参した方がわかりやすい001.gif

私が持参したのはURAMAKI(裏巻き)
具はツナマヨネーズ、アボガド、キュウリ
生魚が食べられない人が多いので、これなら誰でも食べられる♪
c0154064_0365671.jpg

そして、日本食の話をするときに必ず聞かれる物
「漫画を見ていると黒いボールみたいな物を食べているけど、何?」と

「おにぎり」のことです。

だから、小さいおにぎりも作ってみました。

ここからは、他国のお料理紹介♪

私達に文法を教えてくれている先生の作った
「ジェノベーゼソースのラザニア」
先生はイタリア人なのイタリア料理です。

c0154064_04092.jpg


会話の授業を担当の先生のパスタ
c0154064_0431045.jpg


こちらはペルー料理、どちらもクラスメートが作りました。
ペルーでは、じゃがいもを良く食べるそうです!
c0154064_0444175.jpg

茹でたジャガイモにソースをつけて食べます。
このソースは、チーズと唐辛子とクラッカーを全て細かくして混ぜた物。
唐辛子は、黄色い?オレンジ色?
イタリアには通常売られていないので、ペルー食材店にて購入したそうです。
結構、ピリッとします。
c0154064_0445589.jpg

マッシュポテトの中にピクルスや野菜などが入っています。
名前を聞いたのに・・・忘れてしまいました。

韓国人がいっぱい学校にいるので、韓国料理
c0154064_0504831.jpg
c0154064_0511143.jpg

日本食に似ています。
違いはごま油の風味がしたり、ニンニクを使っているところでしょうか。

そして、本日のDolceは2品
ルーマニアのケーキ
c0154064_052582.jpg

パイ生地の間には南瓜のフィリングが入っていて、適度な甘み!

生の南瓜を潰した物に、ラム酒漬けレーズン・シナモン・溶かしバターを加え
パイ生地に挟んで焼くそうです。
私には、トルコで食べたお菓子に似ているように感じました。

イギリスのデザート
c0154064_0563356.jpg
c0154064_057242.jpg

イギリス料理、イギリスのお菓子に良い評判を聞かないので、
どんな味なのかな?と思っていただくと・・・

すごく美味しい!

スポンジケーキ(これは購入したそうです。)を敷き詰めて
シェリー酒をスポンジにうち、生の桃を薄く切った物をひいて・・・
サイコロ状のスポンジをさらに入れて、グランマニエをうち
最後はカスタードクリームを流し入れて、アーモンドをちりばめ完成。

アルコールがたっぷり!でも、美味しい。

食べ過ぎてしまい、その後の授業中・・・睡魔との戦い(笑)

食べ物から、他の国のカルチャーを知ること感じることが大好きな私には
今日はとても楽しい一日でした。
[PR]
by nnoriko513 | 2010-06-19 01:09 | 日々のことin Italia