<   2011年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2回目のノンストレステスト

昨日の朝、病院に行ってノンストレステストを受けてきました。
前回は金曜日だったので混んでいただけで、昨日は待っている人も居なくて
すんなりと受けることができました。
たまたま、母親学級を担当してくれた先生が通り
ノンストレステストを受けに来たことを言うと・・・その先生がやってくれました。

そして、予定日が2日あって明日が2個目の予定日だと言うことを伝えると
私の一回目のエコーの結果を見てくれて、22日で問題ないから大丈夫と
言うことでした。
その後、少し待ってエコーで羊水の量などの確認をして
赤ちゃんには問題なし!!これでひとまず安心はしたけれど

問題ないのはいいのだけど・・・両親が帰ってしまうから
早く産まれて欲しいんだけどな~。
・・・という私の心の声も届かず><

次は、25日の月曜日に同じようにノンストレステストを受けに来なさいと
言われて終了。

早く産まれて欲しいからと
自宅にてスクワットをしてみたらすごい筋肉痛になってしまい007.gif
歩くのも結構大変(笑)
慣れないことはするものじゃないと反省。。。

そして、本日22日は第二の予定日ですが・・・
産まれそうな感じは一切なし(泣)
お父さん、お母さんごめんね。

でも、、、

明日産まれるかも?!と淡い期待を込めて
友人が送ってくれたラズベリーリーフティーを飲んでいます。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-22 18:42 | 妊娠・出産

最終回 母親学級

最後まで出席できないと思っていた母親学級の最終回が
今日の11時からありました。
最終回はお父さんも参加できる人は参加してくださいとのことだったので
夫も半日お休みを取って参加しました。

今の日本もかなりの確率でお父さんも参加するのでしょうか?
土曜日ならまだしも、平日の11時からの母親学級に
8人中7人が夫婦で参加!!!
皆さん仕事は平気なんですね~(^0^)

ちなみに今日は、立ち会い出産の時に分娩室で夫ができることは何か?
とかお産の仕組みなど私たちが今までに習ったことを
お父さんにも知っておいてもらう感じの話を助産婦さんがしました。

また、出産後の育児をお父さんが手伝うことの大切さなども含めて
「お父さん頑張って!!!」という話でした。

そして、父親・母親になるための学校はなく、
少しずつ父親・母親になっていくということ・・・
少しずつ子どもが教えてくれる!!!という助産婦さんの最後の言葉が
印象的でした。

全ては理解できなかったけれど
この母親学級に参加して良かったと改めて思いました。

母親学級も最後まで参加して、準備はできたはず(笑)
そろそろ、出ておいで~!!!と語りかけています^^
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-20 05:02 | 妊娠・出産

まだまだのようです。。。

夫の予想では14日の夜陣痛が始まり、15日に生まれるはずでしたが
何事もなく15日の朝を迎えました。

と言うことで朝の8時半から10時の間に行われている
ノンストレステスト(NST)と言うのを受けに行ってきました。
明日が土曜日でこの検査が受けられないので
私が行ったときには既に列ができていました!!!
ちなみに私は7番目くらいでした。

NSTとは、超音波を利用してお腹の上から赤ちゃんの心音や心拍数、
陣痛の強さ、陣痛間隔を診て赤ちゃんの元気度を診る検査です。
二本のベルトを装着して、赤ちゃんの胎動を感じたら手に握っている
ボタンを押します。

20分くらい経過すると・・・
「何であなたは今日来たの?」と聞かれて「今日が予定日だから!」と
答えると最終生理から数えると今日になるけど
一回目のエコーでは予定日が一週間遅いと判断されているから
あなたには予定日が「2日」あるのよ!と言われました。
カルテにも予定日「7月15日」と「7月22日」と記載されました。

確か二回目のエコーの時に元に戻ったと言われたけど・・・と
言ったのですが余り相手にされず
とにかく、今日明日ということはなさそうだからとのこと!

その後のエコーで、赤ちゃんの元気さや状態には何の問題もないと
言われたので取りあえず安心しましたが
次回、NSTを受けに来るのは来週の木曜日と言われ
夫も私も拍子抜け><
両親も顔には出さないけれど・・・落ち込んでいることと思います。

両親が日本に戻る24日までに産まれて欲しいと思いますが
こればっかりはどうにもならないですし
とにかく健康に産まれてくれることだけを祈ることにします。

と言うことで、両親にはイタリアを満喫してもらう為に
明日からは観光を再開です(笑)
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-16 02:05 | 妊娠・出産

そろそろ???

もうすぐ出産予定日の7月15日056.gif

そろそろ、お腹の中も狭くて居心地が悪くなってきたかな?
c0154064_5255551.jpg

「大きくなったお腹とDuomo」

土曜日に私の両親がミラノに到着して、Duomoと最後の晩餐だけですが
観光を一緒にしました!
実は、最後の晩餐を見るのは初めて^^
思っていたよりもゆっくりと見られて
フレスコ画の色合いに心が癒されました。

今のところ出産の気配は感じられませんが・・・
体験したことがないので「気配」がどのようなものかも分からない
というのが本音です(笑)

外の世界が見たくなったら、出てきてくれる事でしょう♪
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-14 05:39 | 妊娠・出産

イタリアの郵便事情

イタリアに暮らしていて、電車の遅れなどには慣れてきて
イライラすることは滅多になくなったのですが

滞在許可証などの手続きなどで訪れるお役所(警察、市役所など)と
イタリアの郵便局というか郵便事情にだけは
未だに慣れることはなく、、、必ずイライラさせられるし
体力の消費と精神的苦痛をいつも感じます><

日本の宅急便のようなシステムがこの国に導入される日は
きっと100年後くらい???と思ってしまうほど
いつも荷物には悩まされています007.gif

ちょっと前の出来事ですが
夫の実家から赤ちゃんグッズを送ってもらった時のこと
以前から荷物の中身の金額は2000円以下で書く事
それから洋服などは全て「古着」と記載してもらうようにお願いしていました。

だから、「中身の値段は1500Yen」と記載してくれていたのに
なんと!なんと!!!イタリアの税関は日本円ではなくUSドルと勘違いして
しまし、「1500USD」と言うことで「380Euro」の関税を
かけて荷物を届けてきたのです!!!!

「なんで?1500円(13Euroくらい)のものに4万円(380Euro)もの
税金を支払わないと荷物を受け取れないの?」と荷物を運んできた人に言うと
「じゃあ、郵便局にそういう風に言うから自分で郵便局に行って
手続きをして!」と言うので
早速、教えられた郵便局へ・・・・・

もちろん、ここからはイタリアの得意な「自分達は関係ない!」
発言の連発です。。。
「この関税をかけたのは税関で、うち(郵便局)は依頼されているだけなので
関係ないから、税関に問い合わせなさい。うちは関係ないよ!」

「税関ってつまり空港にいけって事??」と聞くと
「それか電話で聞けば!」
電話番号が分からないと言っても教えてくれる親切さは無いしね(泣)

それに私たちの荷物は一体どこに?という疑問も。。。

そんな感じで郵便局を後にして、、、
久しぶりに郵便での問題発生か~と落ち込んでしまいました。

このことを友人に話したら、友人のイタリア人の旦那様が
税関に電話をかけてくれることになりました!

かなり電話がつながらず、大変な思いをさせてしまったのですが
ようやく電話が繋がり事情を説明すると・・・
日本円とUSドルを間違えていたと言うことになり、そのことを訂正するには
メールで依頼しないと行けないとのこと、
もちろん私にそんな能力はないので、友人の旦那様にメールもお願いしました。

そして、手続きは終了!
待つこと1週間、2週間、、、、荷物が届くことも連絡もありません。

その間に友人の旦那様は再度税関に電話をしてくれましたが
本当につながらない電話で・・・申し訳ないので、荷物は諦めることにしました。
日本の郵便局ホームページには「受取人拒否のため返送」と記載されているし
捨てられるよりはいいかな?と思っていたら

す~っかり忘れた頃・・・荷物が届きました!!!
課税も「0」に変更されていて、中身も無事に^^

一年に一度は必ず郵便関係のトラブルに巻き込まれます・・・泣

日本の輸送システムとかって本当に素晴らしいと思います。
荷物を出せば次の日には到着して、時間指定もできて、再配達もちゃんとしてくれる!
日本人だからできることなんだろうと思います。

それから、私の実家からの荷物で古着と記載するのを忘れて
金額も正直に1万円とかと書いてしまったら日本円で4000円くらいの
関税がかかって届いたことも・・・

とにかく新品でもタグを取って「古着」として送ること
それから総額の金額も2000円以下で記載することがポイントのようです。
このトラブルが起きてから、父が調べたところ

日本からイタリア宛荷物の課税について
1.日本郵便では350ユーロを超えるものについてインボイス添付とされていますが、
2.イタリアの取り扱いでは、
  a.個人に送る場合
    - 45ユーロ(約6000円)を超えると
        (価格の3.5%の関税+20%の付加価値税+手数料)が掛かる。
    - 350ユーロ(約47000円)を超えると
        現地税関事務所が税額を決定。
  b.事業所に送る場合
      22ユーロ(約3000円)を超えると現地税関事務所が税額を決定。

個人に送る荷物に対しても関税がかかると言うことに
どうしても納得がいかないのですが、イタリアはこのような感じです。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-09 21:57 | 日々のことin Italia

第3回、4回 母親学級

先週の月曜日に3回目の母親学級があり、今週の火曜日に4回目が
ありました。

今のところ誰もかけることなく行われています。
一番早い出産予定日の人が7月13日なので、次回は1人ぐらい
出産済みかもしれません?!
私かもしれないし037.gif

イタリアなので遅刻者もいっぱい居るのかと思っていたら
皆さん始まる5分くらい前には集まり、とても熱心です。

3回目で教わったこと
どういう状況になったら病院にいくか?
・規則的な陣痛が5分間隔になったら
・破水した時
・出血した時(おしるしとは違う)
・胎動が2時間以上感じられなくなった時

予定日を過ぎたときどうするか?
私たちの先生によると
人それぞれ、赤ちゃん1人1人にタイミングという物があるので
42週で産まれることも、45週でも問題があるわけではないけれど・・・
一応、41週と3日を過ぎたらノンストレステストを病院で受けることに
なっているそうです。

水中分娩について
私が産むつもりの病院には水中分娩の施設があるのですが
残念ながら私たちの出産予定の頃は、改装中とのことで・・・
水中分娩という選択肢はないようです><

赤ちゃんはどのように出てくるか?
これは赤ちゃんの人形と骨盤の模型を使って説明してくれました。
誰かに教わることなく、赤ちゃんが旋回して出てくるなんて!!!
言葉で上手く表現できませんが凄いことですね^^
助産婦さんが赤ちゃんを取り上げた後は
へその緒の処置をします。もしも、パパが切りたい!と希望を告げれば
切らせてくれるそうです。
ちなみに、夫は怖いから嫌だと言っていました・・・
その後、すぐにママの胸に赤ちゃんを置いておっぱいを吸わせるそうです。

色々な本を読み、出産後すぐにおっぱいを吸わせるカンガルーケアについて
興味があり、それができるのだろうか?と不安に思っていました。
他のヨーロッパの国々に比べてイタリアは遅れていると人から聞いていたので
余り期待していませんでしたが(笑)意外とちゃんとしているんだな!
と思い安心しました。

陣痛について
陣痛は「痛い」というふうに思いがちだけど
歯の痛みや頭痛など継続的な痛みに比べれば
間に休みがあるのだからたいしたこと無いでしょ!
と先生が言っていました。

そして、この陣痛は赤ちゃんが産まれてくるためには必要不可欠な物であり、
私たちに耐えることが可能なもので、昔の人だって、動物(猫や犬)だって
この陣痛を経験して子どもを産んでいるのだから、大丈夫!だそうです。
陣痛の話の時に無痛分娩のことも説明してくれました。

私的には、自分自身の持っている自然の産む力を信じて産めば良いんだ!と
この先生の説明を受けて思いました。

4回目で教わったこと
陣痛時の痛み逃しの方法
基本的には好きな方法で!
一応、2パターンを教えてもらいヨガマットの上でみんなでやってみました。

後は、リラックス、瞑想のようなことをしました。

毎回100%の理解はできませんが教えてくれる先生の考え方が
自然でよかったな~と思いながら受講しています。

次回は、分娩室の見学もできるそうです。
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-08 04:08 | 妊娠・出産

食生活の変化

我が家の食生活がこの3ヶ月で大きく変わりました。

というか「夫の食生活」が劇的に変化!!!
主食が白米から玄米へ
c0154064_1601717.jpg

こちらは夫の最近の新しいお皿↑
「玄米のフレッシュトマトのリゾット」
こんな食事を最近はしています^^

ゆっくりとスローペースで無理せず「我が家的健康生活」を続けて行けたら
と私は思っています♪
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-03 16:07 | おうちごはん

暑い夏の到来

毎年、6月の中旬から暑くなりアスファルトの照り返しにより
我が身がグリルされていような感じがしますが
今年は、6月が涼しく妊婦の私には過ごしやすかったように思います。

ですが、今週の初めからイタリアの夏が到来!
急に暑くなり、家の中にもムンムンと熱気が・・・
日本の寝苦しい熱帯夜とは違いますが寝苦しいです。
特に妊婦の私は1人で汗だくです><

昼間はブラインドのような雨戸のようなものをおろして
できるだけ家を温めないようにして、夕方といっても9時以降ですが
涼しい空気を家の中に入れるようにしています。

イタリアに来てから学んだことは、昼間に窓を全開にして風を入れると
熱気が入ってきてしまい、逆に家の中が暑くなってしまうと言うこと。
だから、昼間の家の中は薄暗い・・・・001.gif

今年も小さいペットボトルに水を入れたものを凍らせて
夜寝るときの氷枕代わりに♪♪♪
クーラーなしで夏を乗り切ります!!!
[PR]
by nnoriko513 | 2011-07-01 15:41 | 日々のことin Italia